ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
4

4年が過ぎていきました。

ブログ、というものを始めてから、まる4年がたちました。

数字は、たったの4年間なのですが、
わたしの人生にとっては、もっとも濃密な時間でした。

ずっと見えなかった、自分の進みたい方向が見えるようになって、
ずっとコンプレックスだった英語は、仕事で使えるようになって、
自分のすべてを認めてくれるジャングルさんをみつけました。

自分の下地をつくるまでに、4年もかかってしまいました。
わたしは何をするにも、ほかのひとよりもずっと時間がかかってしまいます。

ここからの4年間は、なんとか具体的なものを残せるように、
がんばりたいと思います。
いつも口先ばかりなので、もっと、ちゃんと、目に見えるものを。


このブログを始めるころに、ジャングルさんはわたしの恋人になったので、
ここに書いてあることは、わたしとジャングルさんの歴史でもあります。
4年たったけど、ようやく、近距離生活が遠距離生活より長くなったかな、
というかんじです。
いちばん思い出に残っていることは何か、ということを考えたとき、
やっぱり、遠距離だったころのほうが、いろいろな思い出があります。

わたしがいちばん印象に残っているのは、
ひとりで、ウィーンとプラハを旅したときのことです。

そのとき、わたしは、ウィーンからプラハへ向かおうとしていたのですが、
「となりの国だし。」
などと油断をしていて、何も考えず、無計画に駅に行き、
「プラハ行きたいから、きっぷをくーださい」
と言いました。
すると、プラハとウィーンは、意外と遠くて、
電車で3~4時間くらいかかり、
しかも、その電車は、2時間に1本くらいしかなくて、
プラハのホテルに着くのが、夜の9時くらいになることが判明しました。

なんてこった。
ヨーロッパのふつうの町を、日本人が、女ひとりで、暗い中を歩くということは、
非常に危険なのですね。
もちろん、初めて行くホテルだから、駅からうろうろ歩いて探さなくちゃいけない。
しかも、旅行かばんを持ってて、観光客丸出しで。

恋人に話せば、不安が伝染することは明白だったのに、
わたしはうっかり、恋人にそれを話してしまいました。
すると、恋人は、たいそう心配し、
「ホテルに着くまで、起きて待ってるから、
いつでも電話してきなさい」
と言いました。

わたしがホテルに着く予定だった9時は、
日本時間での朝5時です。
しかも、恋人は、翌日も仕事に行かなくてはなりません。
もちろん、その日も仕事で疲れているはずです。
地球の裏側なみに離れた日本から、
ただ、わたしの不安を紛らわすためだけに、一晩中起きていてくれるというのです。

恋人は、約束はかならず守るので、
わたしは安心して電車に乗り込み、
東欧の田園風景を見ながら、ことこと揺られ、
プラハの街に着きました。

さらに地下鉄にのり、最寄駅に着いたのですが、
地図を見ても、さっぱりホテルの場所がわからず、
混乱していたときに、恋人に電話をしてみたら、
恋人は、本当に一睡もせずに起きて待っていました。
そして、わたしはまたやる気を取り戻し、やっとホテルに着いたのでした。

恋人は、ばかなわたしを一切責めることなく、見放しませんでした。

プラハはとてもきれいな街で、ひともみな優しく、ごはんもおいしいうえ、
恋人がとてもすきなミュシャの故郷なので、
いつか連れて行って、恩返しをしなくてはなりません。
それも、これからの4年で実現したいことのひとつです。

そんなわけで、これからは、感情に流されすぎないよう、
充実した日々をつくっていきたいと思います。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

ナルセ says..."プラハ"
出身のミュージシャンなんて,クラシックでないとすると,ジャングルさんはけっこうマニアックな音楽の趣味をしているのでしょうか。

それはともかく,一度うさぎさんに聞いてみたかったのですが,このblogのタイトルにはどんな意味が込められているのでしょう?
2008.10.04 19:59 | URL | #EzYRtWeM [edit]
うさぎ says...""
恋人がすきなのは、画家のミュシャです。
↓このサイトで、作品が見られます。
http://www.mucha.jp/index.html

わたしが美術館をめぐっていたとき、
恋人もよく連れて行ったのですが、
そこで、ミュシャの絵に出会って、
「このひとの絵、知ってる、これすき。」
と言っていて、それ以来彼の絵がとてもすきなのです。

プラハ城に、ミュシャの作品のステンドグラスがはめこまれていて、
それはそれは美しいし、
ちょっとはなれたところに、彼の作品だけを集めた美術館があります。
そのため、ジャングルさんは、とてもプラハに行きたがっているのです。
ビールも安くておいしいらしいしね、チェコは。

タイトルの意味ですが、特に深いものはありません。
大学生のころ、HPを作ろうと思い立ったとき、
absolute という響きや意味を気に入り、
日本人にはなじみのない単語だろうと思ったので、
ほかのひととはかぶらないだろうということと、
内容は自分の生活や自分のすきなものについて書く、
と決めていたので、
absolute lifeとなりました。

今考えてみると、
「自分にとって、完全無欠な人生」をめざすための記録、
という意味だったのかもしれませんね。
…ちょっと大げさすぎますが…。
2008.10.04 21:33 | URL | #1jxB54a6 [edit]
ナルセ says..."失礼しました"
なぜか、ミュシャをミュージシャンと読み違えたようですね。ちゃんと読めよ!俺。

確かに、英語圏の映画などで、登場人物が何かを断言するときに「absolutely」というのってなんかかっこいいですよね。
私もチェコ出身の作家、ミラン・クンデラが好きです。
2008.10.05 00:57 | URL | #EzYRtWeM [edit]
うさぎ says...""
ナルセさんの自分ツッコミを垣間見ることができ、
うれしいです、わたしは。

そうなんです、
「Absolutely.」
というセリフは、自信たっぷりに言うことばなので、
自分に自信を持てないわたしは、
そういう意味でもぴんときたのかもしれないですね。

外国人作家さんの本を読むことが少ないわたしですが、
ミラン・クンデラ氏、覚えておきます。
2008.10.05 23:25 | URL | #1jxB54a6 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/994-d9a1d06a