ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
2

「クローサー」

むずかしい。
ここまでむずかしい映画を、ひさしぶりにみました。



キャストの組み合わせがすてきだなーと思っていたんですが、
ストーリーは、想像していたものとはちがいました。
ドロッドロの愛憎劇です。
いや、もしかしたらそうじゃないのかもしれない。
でも、わたしにはそう思えました。

ひとことで言うならば、
「大人が恋におちる瞬間と、その恋がさめる瞬間」
を描いているのだと思います。

いや、でも、ちがってるかも。
なにせ、本当にわからなかったものですから。

時間の経過の表現もむずかしくって、
突然次のシーンになったと思ったら、数年後になってたり、
突然このひととあのひとが付き合い始めてたり、
もう、何がなんだか。
画面の前に取り残された感の連続でした。

はじめは、どうしてこんなすてきな雰囲気の映画がR15なんだろう、
と思っていたのですが、
見始めて、理由がわかりました。
そういうシーンが一切出てこないかわりに、
せりふが、赤裸々すぎて、生々しいのです。
わたしは、そういうのは美しい映像で見せていただくほうがよいです。
やや引きでした。

でも、このお話は、もともと舞台で公演されていたもの、
ということを知り、すべて納得できました。
舞台に忠実に作られている映画なわけね。

ストーリーや構成の難解さとは裏腹に、
キャスト4人の演技がとってもすばらしかったし、
4人の暮らしや、ロンドンの景色もとってもすてきで、
いつまでも余韻が残りました。

この作品のジュリア・ロバーツとジュード・ロウは、
ふつうっぽくて、とてもかわいい。

そして、いちばん光ってたのは、ナタリー・ポートマンです。
彼女のかわいらしさがあったからこそ、最後まで見続けられたようなものです。
彼女が演じたアリスの職業はストリッパーなのですが、
やはり、品のよさがにじみでていて、
全然下品な感じではなく、むしろかなり魅力的だったのでおどろきました。

いちばん印象的だったのが、写真家アンナの個展のパーティー。
あんなすてきな展覧会に行ってみたい!
それに、ロンドンはやっぱり絵になる街だなあ、と思いました。

すごくかっこよい映画だったのに、
ストーリーやテーマをまったく理解できなかったことがくやしい!
大人の世界は深いのね。
オフィシャルサイトのデザインもすてきだし、
予告編もかっこよいので、ぜひ見て、わたしに解説してください。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

タカシ says...""
僕も観ました。
「ナタリー・ポートマンがすごい」
そう聞いて観たら、確かにそうで、そればっかり印象に残ってます(笑)。
やっぱあっちの人ってハンパじゃないよね。

2008.07.29 02:33 | URL | #- [edit]
うさぎ says...""
タカシさん、
だって、ナタリー・ポートマンのための映画、
みたいになってましたよね。
彼女のインパクトにくらべたら、
ほかのひとの印象が残らなくなってしまいます。

ひとつ気になったのですが、
タカシさんが、ハンパないと思ったのは
なんだったのでしょう。
ナタリー・ポートマンのストリッパーが?
えげつないセリフが?
ちゃらんぽらんな四角関係が??
ちょっと気になりました。
2008.07.29 22:54 | URL | #1jxB54a6 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/954-e4bd0a3a