ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
0

函館へ行く。

12日から13日にかけて、恋人と函館へ行った。

函館は、北海道で最も人気の高い街であるし、
今月末に引っ越してしまうと、函館からかなり遠くなってしまうので、
もうしばらく来られないだろうなー、と思ったからだ。

今年の抱負を守るべく、
わたしはきっちりと行きたいところを下調べし、準備は万全であった。

一日目の目的は、朝市、立待岬、函館の夜景と、元町の散策。

立待岬、朝市、元町は何度も行ったことがあるため、
特に新しい発見はなかったけれど、
元町公園にひっそりと佇む観光案内所はかなり使えます。
地図をくれたり、いろんな優待券があります。
わたしはここで、西波止場美術館を知るとともに、
函館山ロープウェイと、道立美術館の優待券をゲットしました。
あとは、カールレイモンでソーセージをいただく。
何年か前に、ひとりで元町散策をしたときに発見して以来、ファンです。
おいしいよ。

散策のあとは「茶房ひし伊」というお店でお茶。041702.jpg
ここは、すばらしいところでした。
古い建物をカフェとして使用していて、
お店の雰囲気が最高。
そして、珈琲も深煎りで、香りが豊か。
酸味が少なく、飲みやすく、
おいしかったです。
フルーツ白玉も、ほどよい甘さで、絶品。
高倉健も、函館にロケにきていたとき、
ここに通っていたそうです。
とにかくすてきで、おすすめです。

次は、ベイエリアにある「西波止場美術館」へ。
ここは、テディベアの展示がメインになっています。
ノーマークだったのですが、
パンフレットやポスターの写真が、あまりにもかわいかったため、
急遽コースに組み込みました。
穴場的な雰囲気があり、なかなかすてきでした。
著名人がデザインしたテディベアは、個性豊かでおもしろかったです。
B'z、中村獅童などがデザインしたものもありました。
それから、世界的に有名なテディベアアーティストの作品もあり、
それらはまるで命が吹き込まれているかのように表情が豊か。
愛くるしい瞳は、まだ強く印象に残っています。
かわいいもの好きな方にはおすすめです。

一度湯の川の旅館に戻って、函館山に上ろうとしたら、
なんと、まだ通行止めでした…。
北海道はこれだからいやー。
仕方なくロープウェイでのぼることにしました。
まあ、夜景はきれいだったんですが、
修学旅行生とアジア系外国人の騒音にびびった。
やっぱり有名なだけあって、本当にきれいです。
見る価値はあります。

今回の宿は、海に面した渚亭いうところ。
函館ではいちばんメジャーな宿ではないでしょうか。
客室に露天風呂がついてます。
小さいけれど、天然温泉なので、肌がつるつるになり、
身体の芯からあったまります。
料理も個室でいただけて、味はまあまあ。
スタッフのサービスもよかったです。
大浴場は、広大なオーシャンビューが広がり、眺め最高です。
一泊二食付で、ひとりあたり12,000円くらいで泊まれました。
この値段にしては、大満足な宿でした。
恋人は子犬のように大はしゃぎをしておりました。

二日目は、あいにくの雨模様。
この日の予定は、トラピスチヌ修道院と、五稜郭、
それから、道立美術館でロートレックの絵を見て、
函館塩ラーメンを食べること。

わたしは、二日目の方が、いろんな発見がありました。041703.jpg
まず、トラピスチヌ修道院。
あんまり期待していなかったんですが、
とってもきれいなところでした。
何があるってわけじゃないけれど、
建物や彫像がすてき。
絵になるところなので、
たくさん写真をとりました。
景色以外は特に見るところがありませんからね。
修道女たちが作るマダレナケーキも、なんだかぱさぱさしていて、
「いったい、彼女らはここで何をしているのだ???」
と、ちょっとおもしろくなっちゃいました。

その後、道立函館美術館へ。
ロートレックの絵は、まさにわたしのパリのイメージそのものでした。
鮮やかな色彩と力強くなめらかな描線。
版画というジャンルも、わたしにとっては興味深いものでした。
平日なので、人がすくなく、ほぼ貸切状態でみることができました。

すぐ隣に五稜郭があったので、ついでに立ち寄る。
単なる公園でしょー、と思っていたのだけれど、
五稜郭タワー一階にある展示がおもしろかった!
五稜郭が作られた歴史が、詳しく、わかりやすくて、
あっという間にわたしは明治時代へタイムスリップ。
この星型が、当時の最高技術の結晶で、
外国人からの攻撃を防ぐものだったのに、
日本人同士の戦争の舞台になってしまった、
という悲しい過去を知って、わたしはこの五稜郭に対して俄然興味がわいた。
思わずタワーにのぼってしまった。
美しい星型にみとれた。
そして、土方歳三の銅像に「よくがんばったよ、あんた」と労いの言葉をかけた。

最後に函館ラーメンでしめようと思ったら、
なんと行きたいところが定休日だったで、第二候補のラッキーピエロへ。
わたしはオムライスを食べたかったのに、
オムライスは限られたお店にしかないのねー。
チャイニーズチキンバーガーで満腹。

というわけで、大満足な旅だったのだけれど、
最後の最後で、スピード違反でパトカーにつかまってしまった。
こんなオチはいや。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/95-6a7731dd
函館ラーメン
函館ラーメン 函館ラーメン(はこだてらーめん)とは、北海道函館市周辺で作られたラーメンである。発祥については諸説存在するが、大正11年ごろ(明治10年代という説もある)に函館に中華料理店を開いた中国人料理人による塩味ベースのスープで食する麺料理が発展したも...