ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
2

「マッチポイント」

ウディ・アレンの映画だし、
この作品で彼がいたくスカーレット・ヨハンソンを気に入ったとのことで、
いったいどんな演技を見せるのか、
なかなかに期待して見ました。

期待以上に、とってもおもしろかった!
わたしはすきです、この映画。

ジャンル的には、一応サスペンスになるのかな?
異様にどきどきしながら見ていました。



テニスプレイヤーを引退して、テニススクールのコーチになったクリスは、
大金持ちのトムと親しくなる。
トムの妹クロエに気に入られて交際を始めるものの、
トムのフィアンセであるノラにひとめぼれしてしまうのです。

ありがちなストーリーでありながら、最後まで、どきどきさせられ、
しかも、ラストがよかった。
ストーリーが、とってもよかった。

そして、登場人物たちの演技もとってもよかった。
クリスの苦悩に満ちた表情や、感情の抑え方も秀逸だったし、
スカーレット・ヨハンソンが演じたノラの色気や激しさもよかった。
クロエの純粋無垢な雰囲気も、ノラと対照的だった。

そして、ロンドンが舞台になっているのだけれど、
ロンドンらしい景色がたくさんあったし、
それぞれの部屋の内部も、とってもすてきだった。
特に、クリスとクロエの新居。
あんなに窓の大きなお家はあこがれる。

あんまりストーリーを紹介すると、ねたばれになってしまうのですが、
この映画のタイトル、「マッチポイント」は、とても深い意味を持っています。

マッチポイントになった時点で、運よく最後の一点を勝ち取れれば、
勝者には、栄光が待っている。
けれど、そこで最後の一点に手が届かないものは、
まぎれもなく敗者であり、
最後のたった1ポイントで、両者の明暗ははっきりと分かれるのだ。

ひとの人生を左右しているのは、
そういうほんの小さなマッチポイントなのでしょう。

ストーリーの流れ、
そして、それを色づける細かな演出、
登場人物たちの演技も、景色も、どれもセンスがよく、
上質な映画だと感じました。
わたしはとっても気に入りました。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

ずず says..."私もお気に入りです"
前々からウディ・アレンのファンの人達にとっては
ハリウッドが舞台ではなく、しかも笑いが少しもないこの作品は
賛否両論はっきり分かれたそうですが、私は好きになりました。
なんといってもスカちゃんの妖しげな魅力が映画を最大限に
ひきたてていると思います。
こんな女性が目の前に現れたら、誰でもクラクラきちゃうだろうと
納得しますもん。
おまけに「私って特別な女なの」というセリフが憎いほど似合ってしまう。
主人公の(役者名は忘れてしまいましたが)演技も良かったし、
タイトルの意味も非常に奥が深いし、ラストも良かったし、
何度も観たくなる映画だと思いました。
2008.07.22 14:29 | URL | #- [edit]
うさぎ says...""
そうなのですか、
この作品を受け入れられないひともいるのですね。
意外です。
わたしにははまったので。

いやー、スカーレット・ヨハンソンの
「特別な女」発言は、わたしも覚えてます。
忘れられません。
いつか言いたいですもの。
いつになるのかはわからないけれど。

わたしが思っていたような、完璧なミューズではなかったので、
逆に好感をもてました。
若いのに、あの色気。
盗みたい。どうやったらまねできるのかしらねー。
2008.07.23 23:12 | URL | #1jxB54a6 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/944-bbfec72b