ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
0

「人間の一日」。

わたしの帰宅は早く、恋人の帰宅は遅い。
でも、ばんごはんは同時に食べる。
2回も準備と後片付けをするのが面倒だし、
ひとりの食事は、おいしくないから。

でも、恋人の帰宅までの数時間もの空腹に耐えられないので、
帰ってきてから、パンなどの軽いものを食べ、
恋人が帰宅するころを見計らって料理を始め、
夜10時過ぎにばんごはんを食べる、という食生活をしていたら、
激太りしてしまった。

ばんごはんのときには、それほど空腹ではないのだけれど、
ちゃんとしたものを食べないと栄養が偏るから、
と思って、無理やり食べる。
毎晩食べすぎで苦しい。
太るのは当然の結果だ。

洋服がきついし、腹の肉がじゃま。
大惨事。

ばんごはんは、これから別々にしよう、
と決意したが、すでに遅く、
わたしの腹の脂肪は、かつてないほどに成長してしまった。
恐ろしいほどにふくれた腹をたたくと、いい音がする。

太ったことに落胆するわたしに、恋人が歌を歌ってくれた。
恋人は、よくオリジナルの歌をつくっていて、
それがこの世のものとは思えないほどくだらない。

今日のは、こういう歌だった。

「食べてー、だしてー、ねるーー。
 そしてまた食べてー、ねるー。」

恋人は、わたしを元気づけようと歌ったようだけれど、
わたしはくだらなさすぎてますます落胆しました。
食べて寝たら、ますます太るんじゃないだろうか。
もしかして、もっと太れ、ということなんだろうか。
一応、その曲のタイトルをたずねると、

「人間の一日。」

という答えが返ってきた。
なるほどね。
ちゃんと食べて、ちゃんとだして、ちゃんと眠れたら、
それだけで、立派に「人間の一日」なのかもしれないね。

しばらくしてから、
「人間の一日、もっかい歌って」
とリクエストすると、
今度は別のメロディで始まり、挙句、
「忘れたー」
と言った。
名曲「人間の一日」は、すでに幻の曲になってしまった。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/887-81aa8d5b