ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
0

ねぎ焼きのやまもと。

ホテルを堪能したあとは、
ジャングルさんの弟さんに会うことに。

ジャングルさんに、
「弟の名前は何にする?」
ときいたら、
「じゃー、"ぐるぐる"で。あいつも天パだから。」
ということだったので、ジャングルさんの弟は、ぐるぐるさんに決定です。

ぐるぐるさんは、大阪の中心部に住んでいた。
田んぼに囲まれているわたしたちとはちがう。
超都会人だ。

ぐるぐるさんは、ものすごく仕事が忙しいらしく、
ずっと連絡がつかなかったのだが、
なんと、偶然この日は、ぐるぐるさんは、オフだったので、
いっしょにごはんを食べることになり、
「うまいお好み焼き屋に連れてって」
とおねだりしてみたのだ。

ぐるぐるさんは、ジャングルさんの弟とは思えないほどに、
しっかりしており、きちんとしている。
期待を裏切らず、すばらしいお店に連れて行ってくれた。
それが、十三というところにある、ねぎ焼きのお店「やまもと」だ。
ジャングルブラザーズのための店ですね。

PICT0001_20080513225005.jpg

後で知ったのだが、このお店、超有名店らしい。
十三に2つも店があるのに、どちらもものすごい行列だ。

わたしは待つのがきらいなので、待っているあいだ、
ひとりでぷらぷらしてみたのだが、
そこは、ものすごくいかがわしい街で、
どこを見てもいかがわしい店しかない。
わたしは、いかがわしい店の看板を見るのがすきなので、
じっくりとお店をながめながら歩いていたら、
ひげ、はげ、蝶ネクタイ、といういでたちの
「いかがわしい店の経営者の典型!」
としか言いようのないおっさんに声をかけられてしまったので、
ぷらぷらするのをやめて、
おとなしく列に並ぶことにしたのだった。

20分ほどたって、やっと席に着く。
並んでいるときに、すでにオーダーをすませてあるので、
席に着くなり、もうねぎ焼きとお好み焼きが出てきた。

PICT0002_20080513225044.jpg

目の前に並べられる、たくさんの金色のまんまる!
おいしそう。

ねぎ焼きは、ねぎがいーっぱい入っていて、
出汁などで、生地そのものに味がついている。
ソースをつけずにそのまま食べる。
初めて食べたのですが、ふわっふわー、でした。ふわっふわー。

PICT0003_20080513225108.jpg

もちろんお好み焼きもおいしくって、
「大阪、よいところー」
と、うっとりしたのでした。

おいしさもさることながら、
お店のひとも感じがよかったなー。
あんなに混んでたのに。
大阪といえば、このお店を思い出すだろうし、
また大阪に行く機会があれば、きっと訪ねることでしょう。

ぐるぐるさんがいなければ、出会えない味でした。
ありがとう、ぐるぐるさん。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/878-c0dc178a