ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
0

A whole new world.

道頓堀を堪能した後、新世界へ行く。
どうしても、通天閣のビリケンに会いたかったからだ。

地下鉄の動物園前駅に着いたら、すぐにジャンジャン横丁に出る。
勢いのある名前です、ジャンジャン。
こういうかんじです。

PICT0027.jpg

通天閣が、三味線弾いちゃうような、そんなノリのよさです。

このジャンジャン横丁、なかなかおもしろかったです。
細い通りに、ぎゅうぎゅうに興味深い店たちが並ぶ。

特に興味深かったのが、囲碁や将棋をするお店。
おっさんたちが、ぎゅうぎゅうに肩を寄せ合って、
囲碁と将棋に熱中していた。
本当にあるんだねー、こういう場所が。

そんな小粋な横丁を抜けると、新世界は広がった。

PICT0025.jpg

おお、またしても、づぼらやのふぐ。
そして、横綱。
そしてそして、串カツ屋の看板のオンパレードなのだ。

とりあえず、そんなにおなかはすいていなかったので、
いざ、通天閣にのぼってやろうじゃないか、
と意気込んでいたのだが。

予想通り、そこには長蛇の列。
なんと、1時間半待ち、と書いてあるではないか。

待つのも、待たされるのも大嫌いなこのわたしが、
1時間半も待てるわけがない。
仕方がない。
通天閣は、外観だけで満足することにした。
いつか、きっと、また来るよ。

PICT0021.jpg

しかし、これだけでは帰ったんじゃあ、女がすたる。
というわけで、串カツを食べていくことにしました。
お昼時ということもあり、どの店も並ぶ。ぎゅうぎゅうづめ。
そんななか、割と大きめで、割ときれいで、割とすいているお店を見つけ
そこで串カツに挑戦してみることにした。

串カツをちょっぴりと、焼きそばをオーダー。
どの串カツ屋にも、
「ソース二度づけ禁止」」
とでかでかと書いてあるので、
ちょっと緊張しながら店員さんに食べ方をきいてみたが、
どうやらヘルプさんだったらしく、わたしたち以上に緊張していて、
何を言っているのかよくわからなかった。
要するに、銀色のふたつき容器のなかにソースが入っていて、
そこに串カツを浸してから食べるのだが、
一度口をつけた串カツをソースの容器に入れてはいけない、
ということだ。
なるほどね。

お味のほうは、特にうまい!というわけではなかったけれど、
ビールを飲みながらだと、何本もいけちゃうね、
というかんじでした。
探せばおいしいところもあるんだろうな。

通天閣に未練を残して駅に戻る途中にて。

PICT0028.jpg

ビリケン、こんなところにもいたよ。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/876-c93e41bb