ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
0

私的Diggy論。

今日、Diggyが出てくる夢を見た。

前日の夜、SOUL'd OUTの3人がスウィーツをいただく、
という、ふしぎな番組を見て、
Diggyの天然に悶絶しながら興奮しすぎたためだ。
そんなすてきな番組は、こちら

芸能人にこんなにはまっているのは、
高校生のときにすきだったレオナルド・ディカプリオ以来だ。
あのときのわたしも、なかなかにイカレていたが、
いまのDiggyへの傾倒にくらべたら、かわいいもんだ。
ディカプリオは、「タイタニック」を見て、急激に冷めたけれど、
Diggyについては、熱が冷める気がしない。

あの特徴的な声が、すごくすきなのだけれど、
それよりも、内面的な部分にあこがれる。
Diggyは、ものすごく男らしいのだ。
まさに、九州男児のロールモデルだ。

あれだけ高速なラップや、作っている曲や歌詞、トークの端々から、
相当ストイックな性格であることをうかがい知ることができる。
わたしは、中途半端にストイックなので、
ちゃんとストイックなDiggyにあこがれてしまう。

それに、確固たる自分のスタイルを持っているのも、とてもいい。
デビュー当時から貫いているビーズ&ブレイズとキャップとか、
(ついこないだ、ライブで、キャップとったらしいですぜ…)
白いシャツとか、赤い服、とか。
「これがオレのスタイルだぜ」
っていうのがある。
わたしも「オレスタイル」をつくろうとしているけれど、
まだ模索中なので、
いつもかっちり「オレスタイル」でいるDiggyがうらやましい。

だから、Diggyファンには、男の子も多い。
ライブ会場には、Diggyとおなじような格好をした男の子が、わさわさしている。
たぶんわたしが男だったら、Diggyスタイルをまねているんだろうな、
と思う。

Diggyのように、まわりに媚びることなく、
自分を貫き通す人間になってみたいと思う。
たとえ、まわりに敵をつくるのだとしてもね。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/863-04c57ec5