ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
0

First Flush orange pekoe Tour

突発的に、超格安でorange pekoeのライブチケットが手に入ったため、
二週連続、フライデイナイトにライブです。
会社のひとには、
「どんだけお祭り好きなんだ」
と思われているでしょう。
ほんとにお祭り好きだから、仕方がありませんね。

とってもネタバレです。
今日みてきたことを忘れたくないので、全部書きとめておきます。
初日だったので、これから行く方は読まないことをおすすめします。






ボトムラインという小さなライブハウスで行われた今日のライブ。
2列目でした。めっさ近かった。
前回「Grace」のときも最前列だった。
もうすぐorange pekoeの仲間入りしちゃうかもしれない。

ともじの衣装は黄色のワンピース。
足元は、はだし。
気持ちいいでしょうね、はだしで歌って踊るのって。
一馬は、相変わらず髪が長くて、ふつうの服を着てた。

アルバムのツアーじゃないので、
1枚目に入ってるのもあれば、5枚目のもあれば、
アルバムに入ってない「さくら」とかも歌ってくれました。
すごいすきだし、季節的にぴったりなので、うれしかった。

あと、地味に「Modern Lights」もすきだったので、
そこからスウィートムービーをやってくれたのはすごくよかった。
これを歌っているともじは、すてき。すごくすてき。
あと、「ひとつになれば」もよかった。
この歌はいい歌だ。

かずまのギターは、相変わらず美しかった。
なんであんなにきれいな音が出るのでしょう。
一馬のギターをひいているところを見ていると、
どうしてもひきこまれてしまう。
文字通り「うっとり」してしまう。

びっくりしたのが、途中でともじの高音が出なくなってしまったこと。
いつも、とても安定していて、めったに音をはずすことがなかったのに、
Green Flushは、完全に高音がかすれてしまっていて、
とても苦しそうだった。
メンバーも心配そうに声をかけ、
一馬もすごく心配そうにみつめてたな。

でも、最後まで歌いきった。
言い訳を一切しない潔さがいいと思った。

アンコールのLOVE LIFEのあと、
「もう一曲!」
っていう声がかかって、
「まさかー」
って思ったけど、「空に架かるCircle」をやってくれた。
その心意気に感激したし、
ともじもちゃんと声を復活させて、歌いきっていた。

2時間以上もあったのに、全然疲れなかった。
むしろ、足りないくらいだった。
もっともっと二人のつくりだす世界に浸っていたかった。

SOUL'd OUTのときとは、ぜんぜんちがう感動があった。
音のボリュームは、断然SOUL'd OUTのほうが大きかったのに、
今日の方が、歌の力、音楽の力に圧倒された。

彼らのライブは、本当にすばらしいよ。
CDよりもライブの方が、ずっといい。
音楽がすばらしいだけじゃないし、
演奏がすばらしいだけじゃないのです。
メンバー全員が、すっごくたのしそうで、しあわせそうで、
何度も何度もありがとうって言い続け、
身体を半分に折り曲げておじぎをして、
歌って踊って2時間以上、ずーっと、ずーっと笑顔で、
メンバー紹介には、PAも、照明さんも、会場のスタッフのひとたちにも
感謝の気持ちを述べるのだ。

あそこまで感謝としあわせの気持ちを全開にされると、
すきにならずにいられません。
全身全霊をかけて、この世に生きていることに感謝している二人は、
ものすごく魅力的でした。
ひとをたのしませるためには、
まず自分がいちばんたのしまなくてはいけない。
よろこび上手、しあわせ上手になろうと思いました。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/854-40c21b5b