ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
2

恩田陸 「夜のピクニック」。

さわやかーな青春小説です。
やっぱり、わたし、こういうさわやかなものは、
そんなにすきじゃないみたいー。
どんだけ荒んでるんでしょうか。



年に一度のイベント「歩行祭」は、
一昼夜かけて歩き続ける、という過酷な行事。
貴子は、このイベントで、ひとつのちいさな「賭け」をしていました。

ストーリーは、ただただ、みんな歩くだけ、という不思議なイベント、
「歩行祭」が延々と行われる様子を描いたもの。
登場人物も、みんな高校生。
それなのに、最後まで飽きることなく読むことができて、
それなのに、登場人物それぞれの個性が引き立っていて、
(けっこうたくさんの高校生が出てくるのに、
 ちゃんと、頭のなかで整理できるの)
純粋に、
「あー、このひとは、うまいなー」
と思いました。

朝から次の日の朝まで歩き続けるなんて、
そんなにひどい仕打ちがあっていいのか、
と思ったけれど、
実際に著者の母校で行われているのだそうです。
すごいなー。
わたしならきっと耐えられないよ。
相当体力あるんだろうな。
でも、高校生だったら、まだ若いし、いけるのかも。

ただ、主人公2人の気持ちには、共感できなかった。
そんな複雑な家庭の事情に巻き込まれたことがないし、
想像もつかないからなー。
それに、ああいうさわやかすぎる気持ちも、
読んでいてちょっと気恥ずかしくなってしまう。
たぶん、わたし自身が、学生時代に
いろんな意味で冷めてしまっていたのでしょう。

これは映画化しやすいにちがいない、
と思っていたら、
すでにされていたのですね。



キャストが若者ばっかりで、知らないひとたちばかり…。
でも、忍役の郭智博は知ってます。
花とアリスのあの子だよね。
しばらく見ないうちに、かなり成長していてびっくりです。

第二回本屋大賞、っていうことで、
ちょっと期待しすぎていたっていうのと、
わたしの心が荒んでいたこともあって、
この本の感想は、まずまず。
でも、このひとの青春ものじゃない作品は、読んでみたいと思います。

関連記事

Category :
該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

ナルセ says..."多部未華子"
えー知らない人ばっかりって。
多部未華子ちゃんは私一押しの女優さんです。昨年はカレンダーまで買いに行ってサイン&握手しちゃいましたよ~(少し恥)。最近はテレビが中心のようで,『鹿男あおによし』など出演しているようです。映画の主演作もとても多いんですよ。
石田卓也もなぜか主演作がやたらと多いです。映画好きのうさぎさんが知らないなんて,駄目ですよ~

私はけっこう好きです。この映画。
2008.03.26 01:47 | URL | #EzYRtWeM [edit]
うさぎ says...""
そうなんですー、
青春ものが苦手なので、
あんまり若者が出ている映画を見てないし、
ドラマも一切見ないので、
ティーンエイジャーの俳優さんたちのこと、
全然しらないんです。

ナルセさん、握手しちゃうくらいすきなのね。
お部屋にカレンダーも飾ってあるのかしら。
よい意味で、いまどきでない、ナチュラルなかんじがいいですね。
2008.03.27 22:22 | URL | #1jxB54a6 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/842-3cd85468