ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
0

秘密の特訓。

恋人は、ここのところ、ものすごく働いている。
朝5時に家を出て、帰ってくるのは、夜10時を過ぎる。
そんなに働いたら、また胃腸かぜになっちゃうよ?
からだ、弱いんだから。
と言ったところで、彼もすきで働いているわけではないので、
わたしはただ、アサヒスーパードライを冷蔵庫に常備しておく、
ということくらいしかできない。

でも、恋人がふとんに入っていると、
わたしはかまいたくて仕方なくなるのだ。
たとえ、恋人がすいこまれるように眠りにおちるのだとしても。

わたしは、眠りかけた恋人に、いつもの質問をなげかけた。

「めざましかけたの?歯はみがいたの?」

すると、
恋人は、半目を開けて、首をふるわせながら、
腕を動かし始めた。
まるで、何かにとりつかれたような動きだ。
ものすごく気持ち悪い。

どうやら、めざましにしている携帯電話を探しているらしい。
しかし、携帯とは、あまりにかけはなれた場所で、
何かをつかもうとする動きをしているので、
さすがにこわくなって、携帯電話を手渡してやった。

すると、今度は、目を半開きにし、
鼻の下を思いっきり伸ばして、
まるで、脳天とあごをひっぱられたみたいな顔をして、
時間をセットし始めた。
別に、そんな顔を作らなくても、めざましのセットはできるだろうに。
それが、あまりにもぶさいくな顔だったので、

「ねえねえ、その顔は何?」

ときいてみたら、彼は、なんと、こう答えた。

「おじーちゃんの練習。」

なにー!?
まだ26歳なのに?
何十年後に備えてんの?
何のために??

「あのね、きみはいつか絶対におじーちゃんになるよ。
 だから、練習しなくても大丈夫だよ」

と、おしえてあげたら、
恋人は自分のねぼけた発言の整合性のなさに、
ふつうに笑っていた。
どうやら、めざめたらしい。
寝起きで笑えるなんて、しあわせなことじゃないか。

翌日、彼が覚醒しているときに、
「おじーちゃんの練習」発言について、問いただしてみた。
一体、おじーちゃんになるために、何を練習していたのか。
しかし、彼は何をしようとしていたのか、
一切覚えていないらしい。

むー、こんなことなら、その場できいておくんだったなー。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/816-b3773a65