ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
7

問題です。

お店でのできごと。

わたしがふつうにお店のなかにいたら、
突然ちいさなおんなのこが、わたしの目の前にやってきて、
「たららーららーー」
と歌いながら、
両手と片足をあげて、踊り始めたんです。

なぜ、わたしの目の前で踊る?
なぜ、わたしの目を見て踊る??
わたしに、一体、何を求めているんだ???

わたしは仕事モードだったので、
心の準備ができておらず、
どうしていいのかわからず、
ひきつった営業スマイルで、逃げてきてしまいました。
大人なのに!

その後、どういうリアクションが適切だったのか、
わたしはいろいろ考えてみたが、
考えに考えても、いいアイディアが思い浮かばない。

うーん、こどもに完敗だ。
残念無念。

さて、こういうときは、一体どうしたらよいのでしょうか。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

7 Comments

ナルセ says..."子どもは"
じっとみつめてあげればいいんです。

ちなみに,何歳くらいでしたか?
2008.02.27 08:07 | URL | #EzYRtWeM [edit]
ずず says..."おそらく、"
その子は褒めてもらいたかったのだと思います。
「わ~!すごいね~!」
「上手!上手!」
などと言いつつ、ダンスに合わせて手拍子でも打ってあげれば
満足したのでしょうね。きっと。

だけど、逃げてしまった、うさぎさんの気持ちもわかる気がします(笑)
2008.02.27 21:18 | URL | #- [edit]
うさぎ says...""
ナルセさん、
そうなんだよねー。
きっと、彼女は、そんなたいしたことを期待していたわけじゃないとは思うんだけど。
あのまっすぐな目を見たら、
視線をそらさずにはいられなかった…。
わたしはこどものことがよくわからないのですが、
4,5歳ってところですかね。

ずずさん、
ほめる、ってむずかしい。
上手、ってひとことなんですけれども。
たぶん、わたしも同じくらいこどもなんでしょうねー。
とっさにほめてあげられなかった自分の無力さに、
脱力感をおぼえます。
2008.02.28 01:24 | URL | #1jxB54a6 [edit]
piccorina says..."うむ・・・"
周りの状況にもよりますが・・・
私は一緒に踊ってみるかな?
最初は控えめに、そして徐々に大きく大胆に!
きっと、チビっ子と通じ合えると思います。
2008.02.28 09:34 | URL | #- [edit]
うさぎ says...""
そうか、
こどもと通じ合おうとする気持ちが大切なのね。

もし、そこが、わたしの職場でなかったのなら、
確実に踊ってましたけどねー。

最初はひかえめだけど、徐々に大胆に、
ってところが、
piccorinaさんらしくって、いい。
2008.02.29 02:01 | URL | #1jxB54a6 [edit]
むらさき says...""
アナタがこどもちゃんだった頃、私の目の前で突然踊りだしたり、歌いだしたりしたものです(笑)
私は「わ~」と言いながら手拍子してみました。が、一緒に踊って(歌って!)とアナタは主張してました。

でもなにより、5歳くらいのアナタが線香花火を見て『地味だね…』と言ったのと、同じく5歳くらいの時の弟くんが東映まんが祭に来たライブマンと握手をしたあと『手袋が違った。偽者だ』とふてくされたコトが忘れられません。笑
2008.03.02 00:54 | URL | #- [edit]
うさぎ says..."。。。。。"
そうか、そうだったのか、
だから、リアクションとれずに固まってたんだな、わたし…。
しかも、そのころから、自己主張強かったんだな、
忘れててヨカッタ。
むらさきさんやさしいね。
20年以上前のことながら、ありがとうございます。
そして、わたし、5歳のころからハデ好きだったんだなあ。
っていうかさ、むらさきさん記憶力よすぎじゃない??
2008.03.02 01:01 | URL | #1jxB54a6 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/813-846602f2