ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
2

トゥルーマン・ショー

恋人が、見たことがないというので、
いっしょに見た。
わたしはとってもすきな映画。



ある男の日々の生活すべてが、
全世界に生放送される、という番組、
「トゥルーマン・ショー」。
その主人公トゥルーマンが過ごしていた世界は、
家族も、恋人も、友人も、
街も、自然も、何もかもが、
人工的に作られたものだった。
その不自然に気づいたトゥルーマンの行動とは。

もちろん、実際には起こりえない話です。
こんなことがまかり通る世の中なんて、
あってはいけないのですから。
だから、そういう設定の無理さは度外視して、
純粋にたのしむ分には、すごく深い作品だなと思います。

トゥルーマンが、自分をとりまく環境について
疑問を抱き始めてから、
彼は何度も自分の街からの脱出を試みるのだが、
ディレクターのクリストフが、
あらゆる手を使って、それを拒む。
それでも、ずっとあきらめないトゥルーマンの、
ポジティブさ、情熱、がんばり、根性には、
どうしたって、心を打たれてしまうのだ。

この脚本を書いたひとは、アンドリュー・ニコルというひとで、
シモーヌ」、「ガタカ」」の監督を務め、
ターミナル」の原案をつくったひと。
こういう独創的発想力のあるひとを、
本当に尊敬してしまいます。
どれもこれも、斬新なストーリーだったもの。

そういう突拍子もないストーリーでも、
ついつい引き込まれてしまうのは、
ジム・キャリーの演技のせいでしょうねー。
やっぱりうまいよー。

あと、エド・ハリス、
しわしわでも、はげちょびんでも、
かっこいいものは、かっこいい。
残酷なディレクターだったけれど、
彼こそが、いちばんトゥルーマンに愛情を注いでたんだろうな。

「トゥルーマン・ショー」の視聴者たちは、
一生懸命トゥルーマンを本気で応援していた。
もちろん、わたしも、フィクションだと知っていながら、
トゥルーマンを本気で応援していた。
トゥルーマンの行動のひとつひとつが、人の心を動かしていた。
それは、トゥルーマンが、
現状を変えるために、自分らしく生きるために、
いろいろな行動を起こしていたからだ。
行動力は、どんな哲学よりも、理論よりも、雄弁なのだ。

恋人も、気に入ったようでした。満足。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

moon7c says..."見ました!"
お久しぶりです。

見ました、これ。
面白くできていて、それでもって、悲しかった印象があります。映画ならではのユニークさでしたね。

ところで、ざっと振り返って日記を読ませていただいたのですが、

いつも新しいことにチャレンジしているうさぎさんのエネルギーが素晴らしい!
転職や、もろもろ、ともすればストレスになりがちなのに、その中でも楽しそう!
エネルギーをいただきました。
2008.02.18 08:15 | URL | #2qaJ23q. [edit]
うさぎ says...""
こんにちは。
おひさしぶりです。

実は、これ、10年も前の映画だったんですよー。
ひとむかし、ですよ。
信じられない、ついこないだ見たような気がする…。

わたしもこの映画を見て、
すこしかなしく思ったことを覚えています。
でも、前向きなメッセージだけを受け取ることにします。

エネルギー、あげられましたか。
よかったでっす。
わたしにとっては、毎日同じように過ごすことは、
それこそエネルギーを消耗するだけなので、
すこしづつ、自分が変われるよう、
いろんなことに挑戦するほうが、自然なのです。
ストレスもありますが、ブログに書いても、
自分の弱さを露呈するだけなので、恋人に発散してます。
2008.02.18 23:25 | URL | #1jxB54a6 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/807-0ad3a18a