ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
0

新たな挑戦。

また転職することになった。
一体何度目?
自分自身に問うてみても、即答できない。

11月から、おしゃれ雑貨屋さんで働いていたのだが、
派遣ではなく、アルバイトを採用することになったので、
今月いっぱいで、契約が終了になってしまったのだ。

そのお店は、「おしゃれ雑貨屋の先駆者」
とも言えるお店で、高校生の頃からのあこがれショップで、
東京へ行ったときには、よくのぞいていたお店だった。
まさか、自分がそんなすてきショップで働けることになろうとは、
あの頃は想像すらしてなかったけど。
やっぱり、自分の興味のある分野だったし、
以前働いていた硝子屋よりも、断然商品が魅力的。
商品分野も幅広くて、学ぶべきことがたくさんあったので、
とても勉強になった。

さて。次は、何をしようか。

次の仕事を見つけるまでの猶予は、1ヶ月。
わたしの行き先は、2方向。

1つめの方向は、また、おしゃれ雑貨屋を探すこと。
メリットは、やはり、自分のすきなものに囲まれて働けることと、
モノを見る目を養えること、
いろんなメーカーの特色を知ることができること。
でも、おしゃれ雑貨屋は、何もしなくとも求職者が集まるので、
お給料は、安い。
今回、奇跡的に派遣で入れたので、
(派遣と、アルバイトの時給は、全然ちがうのだ)
「つぎも、もしかしたら派遣でみつかるかも」
と思っていたのだが、世の中は、そう甘くない。
自分の好みにぴたりとはまるお店の求人は、見つからない。

2つめの方向は、商社を目指すこと。
貿易は、国内流通よりも、はるかに複雑で、難解だ。
だから、貿易に関わる仕事を通じて、
専門的知識を身につけるべきなのかも、と考えた。
けれど、貿易事務は、とっても人気の職種なので、
実務経験がないひとには、ハードルが高い。
それに、わたしは自分の英語に自信が持てない。

うーん、どうしたものか。

でも、せっかくイギリス行ってきて、
TOEICも、文句なしの結果だった。
小売業は経験したけど、商社は経験がないし、
新しい分野に挑戦するなら、今しかない。
それに、いつか、北海道に帰ったときに、
キャリアとしてアピールできるのは、商社での実務経験だ。

というわけで、かたっぱしから貿易事務の仕事情報を集め、
登録済みのいくつかの派遣会社に電話。
すると、1つ、よさそうな情報にひっかかった。
通勤にも便利で、時給も今までの仕事のなかでいちばん高く、
輸出入両方の業務があり、未経験でもOKとのこと。
これは、ナイスだ。

電話をしたその次の日に顔合わせをしにいき、
その次の日に、採用が決定した。
ブランクなしで、次の仕事にありつくことができた。
よかったよかった。

安心とともに押し寄せてきたのは、極度の不安。
「海外部門」という肩書きだけで、おののくわたし。
知識がないのに、大丈夫なんだろうか。
朝弱いのに、ちゃんと会社行けるんだろうか。
こんなにうっかりしてるのに、事務やって大丈夫なんだろうか。
リスニング力が弱いのに、海外と電話でのやりとりはできるんだろうか。
あわわわわわ。

というわけで、採用が決定した日、
本屋さんへ直行して、自己啓発本と、
貿易実務に関する本を買ってきた。
すっごくこわいけど、でも、あたらしいことにチャレンジするのは、
わくわくもします。

名古屋に来て、よかったと思うことは、
自分のしたいことをすぐに実行できることだ。
都会には、いろんな会社がたくさんあって、
いろんな仕事がたくさんころがっているから。
北海道に帰るまでに、
できるだけたくさんの経験値を積んでおかなくては。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/806-e704b62b