ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
0

コルゲートハウスに学ぶ。

昨日書いた、Soup Stock Tokyoに置いてあった雑誌、
クウネル」に、とっても興味深い記事があった。
それは、コルゲートハウスに住んでいる、川合花子さんのインタビュー。

コルゲートハウスとは、土木工事などに使われる
「コルゲートパイプ」という鉄材を、住宅に使用したもの。
川合健二というひとが設計し、彼の自宅もコルゲートハウスです。
これが、すごいデザインのお家。
40年も前に、こんな斬新なお家があったなんて、
純粋にすごいなあ、と思う。
外観もさることながら、お家のなかも
情緒あふれるすてきな空間です。
こればかりは、文章でお伝えすることができないので、
こちらから、お家のすてきな写真たちを見てみてね。

鉄という素材の性質上、熱伝導がよいため、
夏は暑く、冬は寒いという厳しい条件の居住空間。
そこに、川合氏の奥さんの川合花子さんが、40年以上暮らしている。

きっと、こだわりの強い川合氏とずっと連れ添った花子さんは、
すばらしい精神的柔軟性を持ち合わせていたのだろうと思うのだが、
それが、インタビューの端々からにじみ出て、
納得させられることばが、たくさん書いてあった。

たとえば。

「冷暖房完備の部屋に住み、食料を無駄にする生活、
 そんな王様みたいな生活を、
 誰もが当然にやっている今の時代って、ちょっと変じゃないかしら」

いままで、そんなこと考えたこともなかったけれど、
たしかに、わたしたちはみな、王様気取りで、
「利便性」という観念において、限りなく貪欲だ。
だから世の中は歪んでいく。

いちばん印象的だったのは、
「不幸を感じるのは、
 ”幸せであるためには、こうでなければいけない”
 という決めつけで、自分を追いこんでいるから。
 思い込みやとらわれから自由になったら、
 人生ってけっこうおもしろい」
ということば。

納得、です。

久々に
「あ、なるほどね」
と心にしみこんだ言葉に出会った気がします。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/755-43a84931