ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
0

学校終わりました。

12週間の語学学校での授業が終わりました。

今の自分と、最初のころの自分を比較すると、
人間は、どんなことにも慣れるものなんだなあ、
と思います。

初めの頃は、先生の言ってることがわからなくて、
全然ついていけなかったけれど、
今は、わからないときは
「わからないよぅ」
と主張できるようになったし、
まちがいを恐れずに発言できるようになりましたね。
だって、まちがっても、先生がちゃんと直してくれるし、
誰もまちがったことを気にしないですから。
もう、言いたい放題ですから。

ただ、ラテン系とのコミュニケーションについては、
まだちょっと慣れない部分があります。
常に自分の主張を押し通すひとが多いです。
わたしもそういうタイプの人間だと思いますが、
わたしなんてまだまだかわいいもんだわよ。
みんな、ほんとすごいんだから。
全然人の話聞かないんだからー。

とにかく。
こっちに来てからのわたしの目標は、
「英語圏でふつうに生活できるようになること」
と、
「外国人と円滑にコミュニケーションをとれるようになること」
そして、
「すてき雑貨をみつけること」
でした。

はじめから目標が低い分、他の人と比べると、
わたしのモチベーションは低かったと思います。
みんな、授業のほかにも、
毎日新聞読んだり、テレビを見たり、試験を受けたりと
一生懸命勉強してたからね。
みんな覚えてるボキャブラリーの量が、はんぱじゃなく多かった。
でも、わたしは特別なことは何もしませんでしたー。
みんなが電子辞書や英英辞典使ってるところ、
わたしはデイリーコンサイスっていう
すっごいちっさい携帯用の辞書しか持ってなかったし。
もうその時点で、みんなから一歩遅れてたんだけどさ。

すてき雑貨については、
もうすこし修行の余地がありますが、
ほかの2つの目標を達成するには、12週間で十分でした。
(あくまでもこれはわたしの場合で、個人差がありますよ)

1ヶ月経ったころ、
ロンドン市内なら、ひとりでどこでもいけるようになり、
買い物などにもだいぶ慣れ、
ともだちともスムーズに話ができるようになり、
生活には困らなくなりました。

2ヶ月経ったころ、
英語の雑誌やインターネットなどで情報収集ができるようになり、
電話にもだいぶ慣れたので、
自分で計画立てて、どこにでも行けるようになったし、
いろんなことができるようになりました。

いまでは、
日本人と同じ感覚で話せる外国人の友人が何人かできたし、
イギリスの生活も、だいたいわかった。
まだ完璧なわけではないんですが、
自分自身で、英語が自然になったことを感じられるので、
わたしとしては、これで満足です。
通じりゃいいです。
ただ、これを維持するために、
帰国後も勉強は続けますけれども。

雑貨については、
すてきなイギリスのメーカーを、
いくつかみつけることはできました。
ただ、イギリスは物価が高いうえ、
現在はポンドが高すぎるので、
価格的な面で、思ったような買い付けができませんでした。
でも、自分の時間をたっぷり持てたことで、
たくさんのことを考えたり調べることができ、
大きく前進したのだ、と信じています。

半年くらい滞在したいかも、とか初めは思ってましたが、
ロンドンは、もう十分満喫したし、
しばらく恋人に会ってないから、元気なくなってきちゃったし、
何より、日本でやりたいことがいっぱいできたので、
興味のあるヨーロッパの国々をまわったあとに、
28日に帰国することにしました。

いまは、早く日本に帰って、ラーメンと焼肉を食べたい。
やっぱ日本がいちばんいいって、来る前から知ってたけど。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/696-4e6ed4fd