ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
2

あいさつのチュゥ。

語学学校には、いろんな国からたくさんのひとたちが来ている。

そのなかでも、韓国やタイなどのアジア系のひととは、
比較的なかよくなりやすい。
彼らは日本に近い文化、習慣を持っているからだ。
見た目も近いしね。

だけど、せっかくヨーロッパに来てるんだから、
ヨーロッパのひととも話したいじゃないか。
でも、彼らはからだもでかいし、超積極的。
偏見だと言われても仕方がないけれど、
わたしはヨーロッパのひとたちと話すのが怖かった。
彼らはいつも胸の谷間や腰、
もしくは腹を露出した服装でやってきて、
学校のいたるところでディープなチュゥをしている。
日本では「えぇ?!」っていう行為も、
彼らにとっては当たり前なのだ。

ある日、クラスメイトだったイタリア人ジュゼッペが、
コースを終えて、イタリアに帰ることになった。
彼は、20歳くらいの、かなり若い男の子だった。
「今日でお別れだよ。あいさつのキスは?」
と言われた。

……。
だって、日本にそういう習慣ないからさ。
あいさつだっていうのはわかってるけど、
くちじゃなくて、頬にするもんだってわかってるけど、、
すきでもない男にチュゥをするなんて、いやだーー。
気に入ってるひとには大バーゲンなくせに、
そうでないひとにはスーパーガード、という、
自己都合主義のわたしは、
「いやいや、ごめん、ちょっとできないよ。」と言うと、
彼、何て言ったと思う?

「あぁ、きみは、ぼくのことをとっても悲しくさせたよー。」

…苦笑い以外のリアクションを、思いつきませんでした。
悲しくさせて、ごめん、ジュゼッペ。
でも、できなかったよ…。

まわりの日本人に、あいさつのチュゥについて問うと、
「郷に入ったら郷に従え」
というもっともなご意見をいただきました。
そのとおりでござる。
でも、ハグすらためらうわたしは、
チュゥなんて克服できるんだろうか。
克服すべき?やっぱり?

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

ジャングル says...""
おひさしぶりー!
日本人ですから仕方ないですよ。
そこは、和風を貫き通してください。
2007.09.17 23:29 | URL | #- [edit]
うさぎ says..."おひさしぶりー。"
ジャングルさんは、いつも軽快ですね。
そこは、和風を貫きとおすべきですかね。
チュゥ、してみたい気もしないでもないですが。
2007.09.20 00:36 | URL | #1jxB54a6 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/675-ef80a5f8