ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
0

遠くはなれててもね。

ロンドンでの数少ない友人のうちのひとり、
台湾人のニッキーが、一時帰国することになった。
彼女には、こちらに来たばかりのころ、
いろんなことをおしえてもらった。
彼女がいなかったら、
わたしの生活は、全然ちがったものになっていたと思う。

スーツケースを2個持っていくというので、
ヒースロー空港までお見送りに行くことにした。
来月恋人が来たときに、
スムーズにお迎えできるようにしておかなくちゃいけないし。

ZONE2のEarl's Courtから、ヒースロー空港までは、
TUBEのピカデリーラインを使うのが、いちばん安い。
大体45分くらい。
荷物が多くて、TUBEがつらいならば、
ミニキャブを使う、という手段もあります。
ただし、こちらは30ポンド弱を見込んでおいたほうがよいです。
(ちなみに、Earl's Courtからの予算であって、
 ほかの地区からだともっと高くなるかもしれません。)

彼女がロンドンに戻ってくるのと、
わたしが帰国するタイミングが、
ちょうど同じくらいなので、
もう、ロンドンで会えないかもしれない。
買い付けておいたもののなかから、
ドリンクボトルをプレゼントした。
彼女は、
「わたしはうさぎに何もプレゼント用意してないよー。」
と言っていたのに、
わたしにカードを書いてくれていた。
そっちの方が、物よりもよっぽど貴重だよ。

日本人じゃないひとから、日本語のカードをもらうのは、
なんとなく不思議なかんじがしましたけれど、
日本人よりもちゃんとした漢字を使って書かれていました。
そのなかで、
「自分のことだけではなく、
 ほかのひとのことを先に考えてくれましたね。
 すごくやさしかったです。」
と書いてあった。

わたしは、自分のことをやさしいと思ったことがない。
心がない、とか、やさしくない、とか、
言われてきたし、
「やさしい人間」になることをあきらめていたのですが、
そう言われると、まだ可能性があるのかもしれない、
と思いなおしました。
あきらめるのは、まだ早いかな、と。

なじられるよりも、認められる方が、
モチベーションがアップしますね。
いまのわたしに必要なことばだったなと思いました。

最後に、
「遠く離れてもあなたの幸せを祈っています」
と書いてあって、
「何が何でも幸せにならなくては」
と思ってしまった。

今までにもらったなかで、
いちばん「がつん」ときた手紙でした。
わたしもこれからは、まめに手紙を書くことにしよう。

CIMG2421.jpg

これはニッキーの住んでいたお家の庭に咲いていたバラ。
しばらく、このバラともお別れ。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/672-e7cc2bd0