ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
0

オイスターカード。

イギリスは物価が高い。
しかも、今、ありえない円安で、ポンドがめちゃくちゃ上がっている。
為替情報を見るたびに、レジの前に立つたびに、
わたしは常にどきどきはらはらしています。

何もかもが、日本の2倍と考えてもらっていいです。
ちょっとごはんでも食べようかしらね、
と、レストランなどに入ると、びっくりするような金額になります。
どんなに安いレストランでも、たいてい千円以上かかります。
マックでベーグルとコーヒー頼んだだけで、千円近くでした。
おどろきましたよー。
マックは財布にやさしいものだと思い込んでいたのに、
不意打ちをくらったかんじでした。

そんなロンドンですから、もちろん交通費も高いわけですよ。
地下鉄の料金なんて驚きの4ポンドです。
日本円に換算すると、千円ですよ!信じられないわー。

もちろん、こんな金額まともに払うのはばかくさいので、
ロンドンのひとたちは、「オイスターカード」というものを使います。

oyster15.jpg.jpg

日本でいうところのSuicaみたいなシステムです。
カードにお金をチャージしておいて、
改札を通るときに、ぴっとタッチするかんじ。

このカードにお金をチャージしておけば、
地下鉄の料金が1.5ポンドになります。半額以下になります。
…だったら、最初から1.5ポンドにしてくれればいいのに…
と思うのは、わたしだけではないはずだ。
ロンドンには、たまにこういう意味不明な部分があります。

ロンドンのTUBEは、料金設定が明快です。
日本の場合は、行き先によって細かく料金が設定されていますが、
ロンドンの場合は、「ゾーン」によって料金が決まります。
ロンドンの中心部
(ピカデリーサーカスとか、レスタースクエアとか)
は、ゾーン1で、
そこから遠くなればなるほど、ゾーン2、ゾーン3…となります。
運賃は、どのゾーンに移動するか、で決まります。
出発駅と到着駅のゾーンさえわかれば、運賃も一目瞭然です。
これは合理的だな、と思います。

わたしは毎日このTUBEに乗って学校に通っているので、
1ヶ月間、ゾーン3からゾーン2の地下鉄は乗り放題よ、
というマンスリートラベルカードを購入しています。
定期券みたいなもので、有効期間内ならば何度でも乗れます。
ゾーン1へ行きたいときには、オイスターカードに
1.5ポンドをチャージしておけば、OKです。
(チャージすることを、ロンドンではトップアップと言います。)

でも、これは定期券よりも便利で、
このカードでロンドン市内全部のバスが乗り放題になります!
つまり、ゾーン1へいきたいとき、
TUBEで行くなら1.5ポンドのトップアップが必要なのですが、
バスで行くならトップアップなしでいいのです。
このシステムを知ってからというもの、
わたしは毎日無駄にバスに乗り、ロンドン市内を無駄にうろうろしてます。
何度のりまちがえても、どこまで行っても追加料金がかからないので、
うっかりもののわたしはかなりバスをまちがえています。

このトラベルカード、7日間のものもありますので、
観光で短期滞在の方も使えます。
1日、とか、2日とか、超短期滞在の場合は、
ふつうの「一日乗車券」の方が安いみたいですが、
価格は使うゾーンによって異なるので、
駅のチケットオフィスに確認するとよいでしょう。
とりあえず、初めて地下鉄に乗るときには、
すぐに切符を買わずに、オイスターカードのパンフレットをチェックしてみてくださいね。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/636-750305b3