ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
3

入学試験

月曜は、いよいよ語学学校の入校日です。

まず初めにそれぞれのレベルを見極めるためにテストを受けます。
最初にペーパーテストで、文法の理解度をチェックします。
大学受験のときに勉強していたような内容ばかりで、
なつかしい気持ちになりました。センター試験みたいな。
あのころのわたしは無敵だったのに、
今となっては、もうほとんど忘れかけていますね。
あー、もったいない。

ペーパーテストは、20分ほどで終了。
その後面接をして、それぞれの会話力をチェックする。
数人ずつ別室に呼ばれ、そのほかは、みな、
その場で待っているように指示されたのだが、
わたしは待つのがきらいなので、すぐに退屈する。
すぐ目の前にいたアジア系のおんなのこが、
なんとなく、わたしのことを見ているような気がしたのだが、
何しろここは日本じゃないから、
話しかけても言葉が通じるかどうかがわからないでしょう。
わたしは彼女が持っていたかばんについていたタグを盗み見た。
タグの表示が日本語になっている。
「日本語、通じるかもしれない」と思い、
思い切って「日本からきたんですか?」と話しかけてみた。
もちろん英語で。
だって、日本人じゃなかったら、会話、終わっちゃうじゃないか。
すると、彼女は日本人じゃなかった。
彼女は台湾から来ていた。
でも、ラッキーなことに、日本に4年間も留学していたので、
日本語がぺらぺら。しかも大阪弁!すごいぞ。

2人で、英語と日本語を交えながら話していたら、
いつの間にか周囲のひとたちがいなくなっていた。
うおー、どういうことなんだ。
話に夢中になっていたために、周りを見ていなかったぞ。
困った。初日から、早速迷子だ。しかも、学校内で。

とりあえず、さっきまでいっしょにいた先生らしきひとを発見したので、
どうなっているのかきいてみる。が、
「あらー、みんな4番教室へ案内したのよー」
という。
4番教室へ行くと、別のひとたちのために、
再びペーパーテストが行われようとしていた。
そこにいた先生は、
「きみたちは、オフィスへ行きなさい」と言う。どうなってんだ。
仕方なくオフィスへ行くと、
「あんたたち、何がしたいの?何言ってんのかわかんない。」
と金髪の女に怒られる。
わたしたちはキレた。
「テスト受けて待ってろって言われたから待ってたらみんないなくなって、
 4番教室行けって言われたから行ったら、こっちに来いって言われたんだよ」
と言うと、その女は、
「だって、あんたたちペーパーテスト受けたっていうけど、
 テスト持ってないじゃないの。ほんとにテスト受けたのか。」
と言う。
「終わったあとに、その場にいた女性に提出したから持ってないよ」と言うと、
「あんたたちがなくしたんでしょ、あんたたちのミスだよ。」
という金髪の女。最悪。しかも、めちゃくちゃ背が高い。極悪。
埒があかないので、別の男のひとが対応してくれることになり、
テストを返してくれ、もう一度4番教室に行くように言われる。
もう一度4番教室に行き、いきさつを話すと、さっきの男が、
「わかりました、インタビューテストをしましょう」
と言い、やっと二度目のテストを受けることになった。

なんなんだ、この学校は。

仲間がいたから、ふたりで乗り越えられたものの、
ひとりだったら、最初から泣きが入ってたな。
っていうか、この学校、語学学校でしょ?
わたしたち、どうにか英語しゃべれたからよかったものの、
全然しゃべれなかったら、どうにもならないでしょう。
生徒をサポートする気ゼロな学校の態度に、ものすごく腹がたちました。
どうなってんの、この学校。

結局、わたしのレベルは、7段階のうちのレベル5、
中級のなかの上級、即ち、上級一歩手前ってなところに決定。
いっしょにいたおんなのことはレベルがちがっていたので、
クラスメイトになれず、残念。
でも、彼女にはまめに連絡を取ることにしよう。

結局、迷子になったせいで、その日は授業を受けられなかった。
どうしてくれる。
先行き不安ですけれど、しかたがないですね、こういう国だから。
ほんと、彼らの辞書には「責任」っていうことばがないんですわ。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

3 Comments

Dormy says..."やっほう。"
日本語が復活している!いえーぃ。
元気でやってるかね?大変そうだけど楽しそうだわ。
イギリスの方たち、言うこときつく聞こえるけど、
そのうち理解しあえるさ、のんびりね。
あたしも海外行きたい!人生の中で大きな想い出と
なる出来事だろうから、たくさん色々吸収して
うさぎの中に生かしてくださいね。
うさぎは帰ってくる頃には、イギリス人たちの気質にも馴染んで、すっかりオープンマインドな性格に
なっているんだろうな。次に再会するのが楽しみじゃ。

スカイプしたい人が増えてきたので、本格的にスカイプセットを購入しようかな。うさぎはどう?できそ??
準備ができたらおしえてね!
2007.08.03 02:11 | URL | #- [edit]
華子 says...""
こんにちは。留学話、楽しく読ませてもらってます。
頭の中で、自分も留学してるつもりになるw

学校の話、怖い!
国が違うといろんなことが違うもんなんですね。
大人になってからそういう違いを受け入れるのは難しそう。
でも柔軟に吸収する心構えがあれば大丈夫かな?
わたしも頭固まらないように気をつけなきゃ。
2007.08.03 08:03 | URL | #- [edit]
うさぎ says...""
Dormyちゃん、
スカイプ、もうすぐできるはず!
もう国際電話代の高さにがまんできなくなってね、
お家のパソコンにインストールして!って頼んだの。
今日これから帰ってテストして、使えたらメールする。
お話してー。ぜひー。
そして、行きたいと思うなら、ぜひ来たほうがいいよ。
ものすごくたのしいし、毎日刺激がたくさんです。
もちろん、いらいらすることも多いけどねー。
でも、イギリス人、みんながいやなひとなわけじゃないの。
いいひとは、ものすごーーーくいいひとなんだよー。
いやなひとがいるからこそ、
いいひといに会ったときに、よりいっそう感動します。
オープンマインドなひとになりたいけれど、
そうなるには、もっと時間が必要です。

華子さん、
バーチャル留学ですね。
たのしんでいただけているとうれしいです。
学校だけでなく、ロンドン全体がこんなかんじですよ。
質問してもしかとされたりしますからね。
もし、こちらで仕事をしていたりして、
時間がなかったら、相当いらいらするでしょうね。
でも、わたしの場合、授業は午前中だけで、
午後は全部フリー、時間はたっぷりあるので、
吸収する、というよりは、全部を流してます。
もう、流さなくちゃやってらんないよ…。
2007.08.04 00:05 | URL | #1jxB54a6 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/629-0742249a