ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
0

機内での過ごし方。

さて。
長時間のフライトの始まりです。
ロンドンまでの所要時間は、11時間弱。
果てしなく長い。

アシアナ航空の飛行機は、左右、中央ともに3シートずつ。
わたしは通路側を選びました。
窓側は、窓にもたれて眠ることができて、便利なのですが、
トイレに行くときに、となりのひとを起こさねばならないのです。
知り合いなら何度も起こしても大丈夫ですが、
ひとりで乗るときは、通路側を選び、
気兼ねなく移動できるほうがよいでしょう。
ちなみに、ソウルから機内アナウンスは、韓国語と英語のみ。
客室乗務員も、全員が韓国人で、日本語は通じませんでした。

すべての席にプライベートスクリーンがついていて、
すきな映画を見ることができます。
ただし、洋画の字幕はすべて中国語、吹き替えは、韓国語で、
邦画は1本しかありませんでした。
洋画も、見たいものがなかったので、結局わたしは持ち込んだパソコンで、
「かもめ食堂」を見ていました。

飛行が始まって、しばらくすると、一度目の機内食がサーブされます。
ウエスタンスタイルとコリアンスタイルを選べます。
コリアンスタイルは、メニューを見ても、
どんなものなのか、想像がつかなかったので、
ウエスタンスタイルを選ぶ。

ステーキは、非常にかたくて苦戦したのですけれど、
そのほかは、悪くないです。

ぎりぎりまで荷造りをほとんどしなかったことと、
できるだけ機内で眠れるように考慮して、
前日は徹夜していたのですが、
それでも、窮屈かつジェット音に包まれた機内では、
あまり眠ることができませんー。
一応ノイズキャンセリングヘッドフォンを持っていきましたが、
ジェット音を100%カットできるわけではないのでね。
でも、ないよりも、だいぶらくちんだったと思います。

皆様は、このノイズキャンセリングヘッドフォンをご存知でしょうか。
これは、一定に発せられる騒音を抑えることができる、
という、すばらしいヘッドフォンです。
ヘッドフォンに、電池のケースがついていて、
スイッチを入れると、周りの音を静かにしてくれます。
ちなみに、カットできるのは、一定の周波数で流れる音のみなので、
人の声など、動きがある音については、ちゃんと聞こえてきます。
わたしは、七千円ほどで購入しましたが、
三千円くらいから売っています。
外国製品は日本製品よりも安いのですが、
やはり、その分カットできる騒音の割合も低いのでしょう。
よろしければ、こちらで比べてみてくださいね。

そして、アクシデントも発生しました。
せっかく買った首枕がふくらまない…。
首枕がないと、首を固定できず、快適に眠れない。
うぐー。ピンチだ。
どんなに息を吹き込んでも、だめだ。
なぜ、事前に説明書を読まなかったのか、
なぜ、事前にちゃんとテストしなかったのか、自分の準備の悪さを呪う。
客室乗務員に助けを求めてもいいものか、しばらく悶々としていたが、
結局、座席に準備されていた枕で首を固定し、
腰には先ほどまではいていたジーンズをあてがい、
なんとか、こまぎれに6時間ほど眠ることができました。
トータルすると、けっこう寝てたね、わたし。

その間、ハンバーガーが出されたり、
まめに飲み物のサービスなどがありましたが、
いちばんびっくりしたのは、保湿パックのサービス!
老若男女を問わず、客室乗務員が、顔にシートマスクをあてがってくれる。
これだけでも、十分おもしろいのだが、さらにおもしろいことに、
そのうしろにポラロイドカメラを持った乗務員がおり、
マスクをつけたままの乗客の写真を
ぱしゃぱしゃと撮っているではないか!
しかも、それをもらって喜んでいる乗客たち…。
わたしは、理解できなかったよ。
日本では信じられないこのサービス、
皆様どう思われますでしょうか。

というわけで、無事に空港に到着。
首が痛くなるんじゃないか、とか、
ひまでひまで仕方がないんじゃないか、とか、
いろいろ心配してましたが、なんてことなかったです。
いろんな便利グッズを活用すれば、空の旅もらくちんでした。
無事について、本当によかった。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/623-5ec2e0f6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。