ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
2

ボリュームコントロール。

ばんごはんをつくるのがどうにも面倒だったので、
恋人と向かいにある居酒屋へ行く。

が、席につくなり、わたしはげんなりした。
隣の席の男2人組が、ものすごく声がでかいのだ。

彼らはひとつのテーブルに向かい合って座っていた。
お互いの距離は1.5メートルもないだろう。
しかし、彼らは店内の隅々にまで響き渡るような大声で喋り続ける。
ふたりとも難聴なのかしら、と、本気で心配になるほどの声量で、
誰がどう考えても、彼らの声はでかすぎだった。
だが、そこはレストランではなく、ふつうの居酒屋ですから、
店員は注意しようともしない。

もちろん、神経質で、偏屈で、気の短いこのわたしが、
そんな状況に耐えられるはずもない。
入店から30分足らずで、わたしたちは店を出た。

こういうことは、よくある。
電車のなかとか、路上とか、コンビニの店内とか。
どのシチュエーションにおいても共通していることは、
「大声で話されている内容ほど、
 くだらなく、どうでもいい話ばかりである」
ということだ。これはふしぎだ。
となりからきこえてくる大音量の雑談から、
笑いの糸口を発見できたことは、いまだかつて、ない。
せめて笑える話だったら、おもしろい話をきかせてくれたことについて、
多少なりとも感謝の気持ちを持つことができるのだけれど。

話の内容はどうであれ、話し方、というのは、
自分が意識している以上に、相手への印象を左右する。
わたしはそれを特に重視していて、
声が小さすぎる人や、大きすぎる人、
発音が悪くて何を言っているのか聞き取りにくいひとたちのことを、
なんとなく、信用することができない。

きちんと気配りができるひとであれば、
周囲に迷惑をかけないよう、相手にだけ聞こえるボリュームで話ができるし、
相手がききとりやすいよう、きちんとはっきりしゃべる。
声には、そのひとの人間性がよく表されている。

わたしも以前は声が大きい方でしたが、
最近は気をつけています。
でも、はしゃぐとおおさわぎしてしまう。
うるさかったら、だれかとめてね。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

ナルセ says..."話し声は騒音"
私も同じような経験はよくあります。
それにしても,人の声って,好きなシンガーの歌声や,好きな人の声などは,それを聴くだけで心地よくなるのに,他人の話し声のほとんどが耳障りだと思っています。

そもそも,街の騒音が人々の話し声を大きくしてしまうのかもしれませんね。
私の声は小さいので,お店での注文など,かならず聞き返されます。
2007.05.20 10:43 | URL | #EzYRtWeM [edit]
うさぎ says..."なるほど。"
まわりがさわがしいから、
みんな大きな声になってしまうのね。
そうかもしれない。

すきなひとの声って、やっぱり魅力的ですよね。
わたしもアーティストをすきになるとき、
いちばん重視するのは声です。
ボニィちゃんの声がまさにつぼ。
2007.05.21 01:00 | URL | #1jxB54a6 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/564-9b6c109b