ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
0

「麩屋町三条」で、うっとり。

旅行で何がたのしみかって、
そりゃーあなた、ごはん、でしょう。
すてきな空間で、すてきなものを食べたい。
だって、それが、わたしのしあわせなんだもの。

嵯峨嵐山から、JRに乗り、二条駅で地下鉄に乗り換え、
市役所前でおりる。
そこから歩くこと5分くらいで、
今日のばんごはんのお店「麩屋町三条」にたどりつきます。

有名なデザイナーが手がけたらしく、
古きよき町屋を生かしつつも、洗練された空間でした。

わたしたちは、カウンター席に案内されました。

07030201.jpg

初めは、
「予約したのに、なぜにカウンター…」
とふたりで若干がっかりしたものの、
板前さんたちが、とてもフレンドリーに話し掛けてくれるため、
「カウンターでよかったね」と大喜びしました。
やはり、そういうおもてなしの心にふれると、
お食事のおいしさも何倍にもなりますからね。

お料理は、びっくりするほどにおいしかった。

07030202.jpg

鴨ロースのサラダと、鶏の柚子胡椒焼き。
サラダは、ドレッシングにコクがあって、すごくおいしい。
鴨もジューシー。
鶏も、ものすごくやわらかくて、ほっぺたが落ちるとはこのことです。

板前さんに、
「あのー、わたしたち、ちょっと前まで北海道に住んでたんですけど、
 こっちの方でしか食べられないお魚って、ありますか?」
ときいてみると、
「ぐじ」という魚が、こちらではよくとれる、とのことで、
ぐじのお刺身をいただくことに。

07030203.jpg

おいしい。舌の上で、とろける。
こんなお魚、初めて。
海のそばで育ち、魚の新鮮さにはうるさい恋人も、
目を輝かせてよろこんでいた。
さらに、料理長のような貫禄ある板前さんが、
ぐじの骨のまわりや皮をかりかりに焼いた部分をサービスしてくれて、
それもまたすごくおいしい。
こういう心遣いには、ノックアウトされます。

そして、ぐじの釜飯をいただく。
かわいい板前くんが、釜飯を混ぜてくれる。

07030206.jpg

このひとは、本当にかわいかった。わたしと恋人のおきにいり。
またきみに会うためにここに来るよ。

ぐじの釜飯は、あまりの美味しさに、
一口食べただけでひっくりかえるかと思った。
恋人は「うおー」と叫んだ。それくらい美味しかった。

07030204.jpg

風味が全然ちがう。こんな釜飯、はじめてだ。
ぐじって、すごい魚なんだな。美味しすぎるよ。びっくりだよ。
京都に来たら、必ずここに立ち寄って、この釜飯を食べなくてはならない。

最後にデザートのプリンを。

07030205.jpg

カスタードのしっかりした層に、クリームのとろとろした層が重なって
二層になった、スペシャルなプリン。
カラメルソースが濃厚で、おいしい。

どれもこれもおいしくて、心からしあわせになりました。
ありがとう、麩屋町三条。
こんなにおいしい食事をいただけたことに感謝します。

今回わたしたちは、一品ずつオーダーしましたが、
コースは六千円から。
ちょっと高めですが、それだけの価値はあるお店です。
人気がありそうなので、予約をしていった方がよいでしょう。
京都に行ったら、ぜひ行ってみてくださいね。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/499-98deb0de