ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
9

「マリー・アントワネット」

ついに、見てきましたよー。マリー・アントワネットを!
前売り券を買ったときから、ずーっとたのしみにしていたわりに、
なかなか見に行くことができず、もやもやしてたんですが。
ようやく、すっきりできました。

ミクシィのソフィア・コッポラコミュニティなどで、
賛否両論まっぷたつだったこの映画。
「つまらなかった!」という声がきこえたので、
うひょー、恋人が眠ってしまうかもしれぬ、
と心配をしていたんです。

結論から言うと、おもしろいかどうか、といわれると、
おもしろくない部類に入るのだと思います。
描写が、とても抽象的で、わかりにくいし、
歴史ものとしては、ストーリーの紆余曲折が、ない。
フランスで失笑をさらった、というのも、まあ、気持ちはわかる、かな。
恋人は、「つまらなかった!」と断言しておりましたしね。
ただ、その圧倒的な美しさと、音楽のかっこよさのおかげで、
眠るひまはなかった模様です。

わたしはすきでした。ものすごくすき。
ずーっと、美しい写真集を見ているようでした。
ソフィア・コッポラのこれまでの作品のなかで、最も美しく、
最もドラマチックな作品でしたよ。
そして、音楽のまあすてきなこと。
あの絢爛豪華な世界に響き渡るかっこよいギターの音、絶妙です。
この斬新さは、彼女にしか表現できない。すばらしかった。
いままでの映画の常識を打ち破ったのは、確かです。

そして、衣装や靴や、セットもすばらしかった。
ヴェルサイユ宮殿で撮影されただけあって、
何もかもにリアリティがありますね。重厚感があった。
わたしは実際にヴェルサイユ宮殿をおさんぽしたことがあるのですが、
なんとなく重たく、ものものしい雰囲気のあの建物を、
よくぞ見事にあそこまで蘇らせたわね、と、かなりおどろきました。
ヴェルサイユ宮殿に、命を吹き込んだのは、
美術スタッフの努力の賜物だわね。

そして、そこにシャーベットカラーのドレスがよく似合う。
ソフィア・コッポラは、色にもかなりこだわっていたようなのですが、
緻密に計算されたソフィア・ワールドは、
わたしにとって、夢の世界そのものでした。

主演のキルスティン・ダンストは、
これ以上ないくらいはまったキャスティングでした。
14歳のピュアな部分から、落ち着いた母マリーまで、
幅広い表情を見せてくれたと思います。
超美人、というわけではなく、かわいらしいマリーだったからこそ、
「マリーもふつうの女性だったの」
という、ソフィアのコンセプトがよく伝わってきましたね。

あと、キャストに関しては、フェルゼン伯爵を演じていた
ジェイミー・ドーナンにノックアウトされましたね。
すてきよー。かっこいいわよーー。
ふたりのラブシーンは、いちばん印象的でした。すばらしくよかった。

そして、賛否両論の嵐だった、ラストシーン。
わたしは、ほーぅ、なるほどね、と思いました。
ソフィアらしいまとめ方だったと思いますよ。
ただ、この映画を歴史ものとして分類したいひとにとっては、
「なんじゃこりゃー」
っていうかんじだったのかもしれないですね。

よくも悪くも、ソフィアワールド全開で、
彼女にしか作ることのできない映画になっていました。
この作品によって、彼女が唯一無二のアーティストであることを、
「これでもか」ってなくらいに証明している作品ですね。
いやー、夢の世界を堪能させていただきました。

本当は、アメリカで発売されている写真集がほしかったのですが、
かなりいいお値段がするので、パンフレットで妥協することにしました。
かなりきれいで、永久保存版です。
これで600円は、おトク。

2007022101.jpg

2007022102.jpg

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

9 Comments

pianica says..."みたよー。"
お久しぶりです。
このかきこみ待ってたよー。

私の感想。
映画としては、
期待したほど
(初めのタイトルが斬新だっただけに!)、
あまりおもしろくはなかったけど、
すっかり世界に魅せられてしまったので、
芸術作品として素晴らしいなと思った。

全体の淡い色合いがとっても素敵だったな。
こないだ「小さな恋のメロディー」を見て、
ソフィア・コッポラの感じと似てたな。
(もっと古めかしい色合いだけど、
淡いパステル調でキュート!)
夜明けのブルーも素敵。

そして、ストロークスがかかるとは。
うまくマッチングしてました。

ラスト、「斬首」で嫌な気分で終わらなくて、
すごくホッとした。
爽快な後味だったー。
2007.02.14 00:23 | URL | #- [edit]
JJ says...""
おぉ!ついに観られたんですね☆

いろいろと風評はあるかもしれませんが、
僕的には(少なくとも映像面では)
充分楽しめましたよ。

なかなか理解されないってことは、
それだけソフィア・コッポラの世界観は
独特ってことですかねー。
2007.02.14 21:51 | URL | #- [edit]
ずず says..."結構気に入りました。"
私も観ましたよ。
色彩の綺麗な映画でしたね!
音楽も社交ダンスのシーンでロックがかかるなど、
独特の世界観がでていましたね。

驚いてしまったのは、靴を選ぶシーンで一瞬スニーカーが
映ったことです。
あれは確かコンバースのハイカットだったような・・・
ソフィア・コッポラのイタズラ心かもしれませんね。

主人公もキルスティンで良かったと思います。
彼女以外の女優さんなら嫌味なマリーになっていたかもしれません。
パンフレットも買いました。もちろん永久保存版です!
2007.02.15 14:53 | URL | #- [edit]
うさぎ says...""
pianicaさん、
ラストは、あのシーンはないとわかっていても、
なんだかどきどきしてしまいました。
でも、あの最後の風景は、とってもすてきだった。
あのすばらしい雰囲気に、
きちんとしたストーリー性があれば、
彼女は世界一の監督さんになると思うのだけれど。
うーん、
美しさのディテールを表現するうえで、
ストーリー性はどうしても損なわれてしまうものなのかしら。
悩ましいところですね。

JJさん、
あれだけ確固たる自分の世界を作れる彼女は、
ほんとにうらやましいです。
なんか、あんなにきれいなのに、
理解されないのはもったいなさすぎるように思います。
そのわからなさが、芸術の真髄なのかしらね。
もちろん、JJさん同様、わたしもたのしみましたよ。

ずずさん、
そう!コンバース!
それ、知ってて、さがしてたのだけれど、
見つけられませんでしたよー。
あーん。くやしい。
そういう小技、だいすきなんですけど。
キルスティン、すごくかわいかったですよね。
彼女以外のマリーはありえない。
パンフレットを見て、さらにそう思いました。
あのパンフレット、すごくいいですよねー。
わたしも永久保存版にします。
買ってよかった。
2007.02.15 20:11 | URL | #1jxB54a6 [edit]
ナルセ says..."私は普通に納得"
私も今日観てきました。
けっこう,酷評が多かったので,それほど期待はしていなかったのですが,一時期(『スパイダーマン2』の時)太ってお世辞にも美人といえなかったキルスティンの美しさだけでも観る価値ありですね。

でも,私はどこが批判の対象になるのかイマイチ分かりません。『ロスト・イン・トランスレーション』は確かに嫌いになる人の気持は分かりますし,フランス人の拒絶反応は分からんでもありません。
でも,普通に楽しめる作品ですよね。ある意味ではソフィア・コッポラらしくないとも感じました。といっても,映像と音楽は彼女らしさでぴか一ですが。

なんか,支離滅裂な書き込みで,まだ私の中でこの作品は消化しきれてませんが,とにかく良い作品です。
2007.02.15 21:05 | URL | #EzYRtWeM [edit]
piccorina says..."私も観ましたよ~♪"
こんにちは~!
レディースデーに観たので映画館は女子で溢れかえっていました。
私もこの映画好きです♪
ソフィア・ワールド、よくぞやってくれました!
一生、ついていきます。うっとりです。

ヴェルサイユ宮殿、死ぬまでに行ってみたい場所のひとつです。
いいな~♪お散歩してみたい♪
ヴェルサイユでとれたリンゴで作ったアメを
お土産にもらったことがあります。
フランスの味がしました!←思い込み。
2007.02.16 10:05 | URL | #- [edit]
うさぎ says...""
ナルセさん、
そうなんですよー、なぜか、酷評が多いんですよねー。
あんなにキルスティン・ダンストがかわいいのに。
彼女は、あんなに童顔なのにセクシィですよね。ずるい。
恐らく、批判の対象になるのは、ストーリーの薄さ、なんじゃないでしょうか。
美しい描写にこだわるあまり、
どうしてもストーリーがわかりにくくなってしまうような気がします。
やっぱり、ハリウッド大作のような、波乱万丈が
万人に受け入れられるのでしょうね。
ただ、ナルセさんのおっしゃるとおり、
映像と音楽のマッチングは、すばらしかったと思います。
ほんと、天才。すごい。

piccorinaさん、
レディースデーにこの映画、
女子密度最高の気配ですね。
「一生ついていきます」とのことばに激しく同意します。
ヴェルサイユ宮殿は、映画とは裏腹に、
ふるめかしい場所です。
お庭は、広くてきれいですけれどね。
鏡の間、とかも、ちょっと薄汚れたかんじで、
「ぴっかりー」ってほどではないのです。
でも、歴史の重みを、空気で感じることができる
特別な場所です。

ヴェルサイユ林檎アメ!
いいですねー。そういうオサレな食べ物、わたしも食べたい!
きっとわたしも同じ思い込みをすると思います。
2007.02.16 22:47 | URL | #1jxB54a6 [edit]
ナルセ says..."いやいや"
これまでのソフィー作品を観ている人ならば,彼女の作品に分かりやすいストーリーは期待しないのではないかと思う。それが彼女らしさであるから。
そもそも,波乱万丈なストーリーを持つハリウッド映画なんて最近はうけていないんだし。

うさぎさんはソフィーにストーリー性が加われば世界一の監督になるって書いたけど,私は逆。彼女の作品にそれが加わったらただの映画になると思う。そういう意味では『マリー・アントワネット』は史実に基づいているし,もちろんフランスへの配慮もあるから,かなり無難なストーリーだったと思う。むしろ,もうちょっとはじけたものを期待しましたよ。でも,ヴェルサイユで撮影するという条件がまた同時に限界にもなっているのかもしれません。
2007.02.17 09:36 | URL | #EzYRtWeM [edit]
うさぎ says..."そうですね。"
わたしも彼女の作品には、ストーリーを求めません。
ストーリーよりも、音楽や映像美のほうがだいじだから。
みたあとのうっとり感は、彼女の映画でしか味わえないですものね。

ただ、彼女の3作品に共通して
「わからない」という批判をあびてしまっているのは、
ちょっと残念だなー、と思うのです。

まあ、どんな作品も、どんな監督も、
すべてのひとに受け入れられるのは不可能なので、
それも彼女の個性だと、ポジティブに受け入れていますけれどもね。
そして、わたしはソフィア・コッポラの映画を一生見続けていくと思います。
2007.02.18 22:32 | URL | #1jxB54a6 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/484-8f801210