ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
0

「さよなら、クロ」  2003年 日本

さよなら、クロ ~世界一幸せな犬の物語~ スペシャル・エディション
友人が無類の動物好きで、
動物が出演している映画を見るとどうしても泣く、泣きたい、
というので、この映画を見ることにしました。

とある高校に住みついた犬、クロと、
クロを見守る高校生たちの青春とその後を描いた物語。

キャストがとてもよくって、
妻夫木聡、伊藤歩、新井浩文、佐藤隆太らが出演しており、
見ていてとてもたのしかったです。
特に、新井浩文は、出演シーンが少ないながら、強烈な印象が残ります。
伊藤歩も、エイジレスにひとりの女性を演じていて、
かわいいなあ、と思いました。

物語は、クロがまだ飼い犬だったころのエピソードから始まります。
ここから、登場人物たちが高校生だったころのストーリー展開は、
これぞ、日本映画だあ、と思わせる、心温まるものでした。
いっしょに見ていた友人は、すでにこのあたりで泣いていたらしい。
確かにここまでは、ほのぼのしていて、すごくすてきな映画でした。

物語は一気に十年後に飛び、
成長した卒業生たちと新たに入学してきた高校生たちとの物語が
同時進行で進んでいくのですが、
個人的には、この後半は必要なかったのではないかなあ、
と思ってしまいました。
前半の完成度は高かったと思うので、
後半にもっと盛り上がりがほしかったのですが、
見ている側としては、不完全燃焼に終わってしまった気がします。

この映画では、クロの後姿が、何度も効果的に使われていて、
その頼りなげな姿が、クロの愛らしさを増していたなあ、と思います。
でも、クロは終始とにかくおとなしく、
もうちょっと元気があったほうがよいのでは、と心配になってしまいました。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/48-31261a6b