ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
2

「間宮兄弟」

ずっと見たかった「間宮兄弟」を見た。
だってー、もうパッケージから、しあわせ感が漂ってくるじゃないか。
「かもめ食堂」に続き、ほんわか系の映画。
これも、かなり、かなり気に入ってしまった。



間宮兄弟を演じるのが、佐々木蔵之介と、ドランクドラゴン塚地武雅。
これ以上ないくらい、最高のキャスティング。
もう、かわいいったらありゃしない。
しかも、彼らのおかーさんを、中島みゆきが演じている。
これがまた、最高。
味のある大人たちばかりで、あこがれます。

ストーリーは、なかよしだけど、ちょっとおかしな間宮兄弟が、
同僚の女性や、ビデオやさんの女性を誘って、パーティーをしよう、
と計画を立て、そこからいろんな交流が始まる、というもの。

もうとにかく間宮兄弟がかわいいんですよ。
近所にいたら、ちょっとおっかないかもしれないけど。
いまだに、じゃんけんして、
「グリコ」とか「パイナツプル」って先に進むあそびをしてたり、
紙飛行機をたくさん持ってたり、
こどもっぽい遊びをたくさんしているんだけど、
それが似合うんだよー、かわいいんだよー。
こういう純粋さ、ふつうのひとは忘れてるかも。

おにーちゃんの佐々木蔵之介は、ビール工場で研究開発をしているんだけど、
ほんとにこういうひと、いそう。
そして、同僚に高嶋政弘が出演していて、
彼がまた、「声のでかい男」として、いいキャラクターなんですねー。

弟の塚地武雅は、学校の用務員。
いろんな講習を受けた努力家。
これがまた、似合う。
こういうひと、いそうだもん。

この映画が、とてもいい雰囲気をかもしだしているのは、
そういう細部のリアリティなのかも。

あと、塚地武雅の同僚の常盤貴子も、
「地味な性格なんだけど、カラダには自身がある教師」
っていう役どころを演じていて、これがまたおもしろかった。
控えめな性格なのに、カラダに自信ありって、どうよ、
って思いながらも、でも、こういうひと、いるかもな、って。

あと、沢尻エリカとか、北川景子とか、
旬な女優さんたちも、まだ初々しくて、よかったです。
もう、何もかもがよかったです。

家族って、人間って、いい!
と、かなりあたたかい気持ちになれる作品です。
江國香織の映画化された作品のなかで、いちばんすき。
モノポリーをしたくなりました。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

ナルセ says..."私は姉妹が"
ホント,沢尻エリカと北川景子の姉妹役なんて贅沢だよね。友達でいいから抱擁されたい...

北川景子主演の『Dear Friends』観ましたが,ちょっといまいちかな。昨年地味に公開された『チェリーパイ』の方が彼女の魅力満載。
2007.02.13 08:04 | URL | #EzYRtWeM [edit]
うさぎ says..."わたしもわたしも。"
北川景子に抱擁されたい…。

メインは沢尻エリカだったと思うのですが、
キャラクターのせいもあってか、
断然北川景子の方が目立ってましたね。
Dear Friendsは、予告などを見ましたが、
すごくきれいになっててびっくりー。

チェリーパイ、HPを見てみたのですが、
なんだかとてもかわいい映画ですねー。
おぼえておきます。
2007.02.13 19:57 | URL | #1jxB54a6 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/476-06a582cf