ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
0

ハミルトンホテル。

昨日、ホテルステイしましたー、というご報告をしたのですが、
泊まったホテルのレビューを。

伏見にある「ハミルトンホテル」です。
ソフィテル・ザ・サイプレス名古屋と迷ったのですが、
ハミルトンの方が、栄に近くて便利だし、断然値段が安い。
来月京都のハイアットリージェンシーを予約してあるので、
今回は質素にしよう、ということになりました。

ホームページを見ていただければわかるとおり、
リニューアルしたばかりで、館内のデザインはあたらしめ。
ここの写真のとおりです。
お値段の割りには、がんばっているな、という印象を受けました。
フロントのおねいさんたちもかんじがよかった。

お部屋はこんなかんじ。

070112207.jpg 070112202.jpg

ふつうのホテルよりは、まあ、現代的なかんじですね。
でも、なんとなく中途半端なかんじがしました。
クッションやベッドカバーは、チェックよりも無地にしたほうが、
よりかっこよいのでは…。
部屋の隅には、赤い椅子と、白いテーブル。
この配色は、すきですけれど。

070112201.jpg

恋人は、早速まんがタイムに入ったかと思いきや、
気がつくと、ひとりでからまってお昼寝タイムに入っていた。

070112205.jpg

なんでその状態で眠れるの?
そして、きみの腕は、いったいどうなってるの?

わたしは、そのあいだ、バスルームで腹痛と格闘する。
バスルームは、とにかく広かったー。
バスタブも広いです。足を伸ばしても、まだあまる。

070112208.jpg 070112203.jpg


もうちょっと明るければ、もっとよかったんだけどねー。
お部屋の照明は暗めでも、バスルームは明るくなくてはいけません。

ただ、あくまでも、ここのコンセプトは「ビジネスホテル」
なんでしょうねー。
このお値段(土曜チェックインで、2人で12,800円)で、
これ以上のレベルを求めるのがまちがっているのかもしれませんが、
細かいところで、つめが甘い。
たとえば、ドライヤーが強烈にしょぼかったり、
スリッパが、昔のビジネスホテル仕様だったり。
カードキーも使いまわしているので、色が剥げて、汚い印象を受けました。
お部屋のデザインをがんばったのなら、
こういう細かい小物類にこそ、こだわっていただきたかったな。

おまちかねの朝食は、こんなかんじ。

070112206.jpg

バイキングじゃないので、席でゆっくりと落ち着いて食べることができた。
なんか、シンプルで、こういうのも久々にいいなーと思いました。
男性には物足りないかもしれませんが、女性にはちょうどよいですね。
食後に、コーヒーか紅茶をいただくことができます。

チェックアウトは11時だったので、
朝ごはんの後に二度寝することができました。
これぞ、休日の醍醐味だ。

全体的には、値段の割りに、がんばっているホテルだと思います。
おすすめはできるし、また泊まってもいいと思います。
でも、もうちょっと工夫の余地がありますね。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/463-050a7941