ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
3

いきどまり。

わたしの胃痛は、めでたく1週間を迎えることになった。
とうとう食欲がなくなり、食べ物を食べなくても空腹を感じなくなった。
背筋を伸ばすと苦しくなるので、猫背になっているし、
無意識に腹をさすってしまう。

恐ろしいことに、恋人も同じタイミングで精神的に胃を痛めており、
食べ物を受け付けなくなったので、
わたしたちは、なかよく同じ胃薬を飲んでいる。
「ニッポン人は、胃腸が弱い」
という歌があったが、わたしたちはまさに、典型的な日本人である。

どうやら、わたしには、周期的にそういう時期がめぐってくるらしい。
わたしのカラダのサイクルのひとつとして、
そういう時期がプログラミングされているのだろう。

初めて胃の痛みと闘ったのは、就職して初めての冬だった。
ひたすら真面目で堅かったわたしの脳に、
「仕事と酒は、切っても切れねえ間柄である」
という事実がつきつけられたことがショックだったらしい。
あの頃は、軽くかわす余裕なんてなかったし、そんな術も知らなかったから
現実逃避するしかなかったのだけれど、
それは周囲から見れば、ただの怠慢にしか見えなかった。
それでますますわたしは行き詰まった。

結局、胃カメラを飲んで、血の滲んだ自分の胃を見て気持ち悪くなり、
「もう二度とカメラなんてのまねーやい。」と思ったし、
さすがに2ヶ月近くも胃が痛い状態に疲れ果てたので、意地で持ち直した。

さて。今回はいつまで引きずるのだろうか。
短期決戦で決着がつくことを切望する。

胃が痛い原因を考えてみた。
どんどんネガティブになるけれど、
精神的要因をつきつめないことには治らないのだから、仕方がない。

1つめは、日々ネガティブな言葉をぶつけられつづけていること。

言葉にはすべて魂が宿っているので、発したら、それはエネルギーを持つ。
だから、わたしはなるべく安易にネガティブな言葉を使わないようにしてる。
けど、言葉をぶつけてくる奴らは、それを知らないんだね。
わたしがいくら気をつけてても、周りには常にそういう言葉が漂ってるので、
ものすごく消耗してしまうのだ。
なんとか回避策を考えなくては、ほんとにいやな人間になっちゃうよ。
でも、これは自分が発し続けたネガティブな言葉が返ってきているんだわ、
と思って、自業自得だと耐えることにします。

2つめは、どうしてもこの土地になじめないということ。

とじこめられているかんじがするのです。ものすごく。
家の周りは田舎すぎて退屈だし、中心部は何もかもが密集しすぎて息苦しい。
どこにいったら、ちょうどいい安息の地があるのか、
いまのわたしには見当もつきませんが、
これは自分のやる気しだいでクリアできる余地がある。
恋人さえいれば、満足すると思ってたのに。そうじゃなかった…。

3つめは、生活をきりつめすぎてしまったこと。

日本脱出が近づくにつれ、貯められるお金の限度が見えてきたのだが、
留学プラス起業となると、どう考えてもお金が足りないので、
給料の半分近くを貯蓄し、とにかくお金を使わないよう生活している。
洋服なんて、買うことはおろか、見ることもやめた。
ほとんど外食もせず、自炊の日々。
買い物も外食もしないとなると、外出してもすることがなくなってしまった。
ぬおー。つまんない女!!

たとえ行動する力があったとしても、体がついていかないのは、
なかなかに悲しい。
でも、これが治ったら、わたしはきっと、もっと大人になるんだもん。

本当は明日は三重まで足をのばして、
温泉&アウトレットモール&イルミネーションの予定だったのに、
久しぶりの遠出だったのに、ふたりとも、そんな状態じゃないぜー。
急遽予定を変更して、名古屋市内のホテルでぼんやりすることにしました。
お家にいると、頭と気持ちの切り替えができないから。
胃薬持参で、作家でもないのにホテルにカンヅメ予定のわたしたち。
ちょっとでもよくなるといいんだけど。いってきます。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

3 Comments

riku says...""
お体の調子はいかがですか?上昇気流はふいてきましたか?
トンネルに入ってしまうと、いつ出られる(良くなる)という「保証」がないから滅茶苦茶不安になるものだけれど
必ずぬけられるし、抜けたあとの風景は前よりずっと良くなっていると思います。
私は会社で罵倒され続け自分に価値はないのかと落ち込んだこともあったけど、その後に開けた世界はすごく明るかったです。言葉に耐性?のようなものもできたし。人生に多分ムダってないんだなと。
それに世の中愛情だけでもお金だけでもうまくいかないものですよね。やっぱりお金があると心も潤うから不思議。
いろんなことに折り合いつけて、生きていくんでしょうね。
お引越し転職新しいことが全部重なってちょっと休めという号令かもしれません。
どうかお大事にね。いつもうさぎさんの幸せ祈ってますよ^^) 失礼しました。

2007.01.20 19:30 | URL | #WIDQZP9I [edit]
JJ says...""
そこまで悪くされていたとは・・・
うさぎさんの身体がかなり心配です。

僕自身ネガティブになりそうなときは、
いつも過去はすべて切り捨て、
自分を奮い立たせて生きてきました。


雲は必ず晴れると思います。

もっともうさぎさんは素敵な人ですから、
そんな悪魔みたいな奴なんかに
絶対負けないですよ。
2007.01.21 00:32 | URL | #- [edit]
うさぎ says...""
rikuさん、ありがとうございます。
やはり大人な意見には説得力があります。
今回は、自分でそれほどの精神的ダメージを
受けていた自覚がなかったので、
そんなにへこんでいるわけではないのですよ。
ただ、胃が悲鳴をあげているんですねー。
人生にむだなことなんて、ひとつもありません。
もちろんわたしもこっちにきたことを後悔したことはありません。
きっとがんばりすぎてしまっただけなのだと思います。
自分のことを過大評価しすぎてしまっていたんだなー。
わたしは常に前よりしあわせになってますよ。
でも、もっとお祈りしてもらったら、もっとしあわせになれるのかも!!

JJさん、
そうなのー。とにかくいたいのー。
でも、胃以外はなんともないので、
仕事も行けるし、無理しない程度にあそんでます。
それに、前回の経験値があるので、割と楽観的です。

そして、ね、
なんと雲は晴れることになったんですよー。
いやー、世の中って不思議ですね。
心配の種が、ひとつ減りました。よかったよかった。

あとは早くわたしの胃が元に戻ることだけー。
おいしいものが食べたいよ…。
2007.01.22 01:39 | URL | #1jxB54a6 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/461-535ed8a0