ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
3

江國香織 「スイートリトルライズ」

最近、江國香織の本を読んでいなかったので、
スイートリトルライズをもっていくことに。

  JJさんのブログで見てから、
  「これを読みたい!」
  って思ってたら、古本屋さんで見つけた。
  
  おもいがけず、ものすごくはまりました。
  江國香織の作品のなかでも、
  いちばんにすきかもしれない。

ストーリーは、なんとなくかみあわない夫婦が、
お互いに別々のパートナーをみつけてしまう、というもの。
江國香織の作品では、モラルにかけはなれた設定が多いものの、
これは、ちょっと刺激的ですね。
純粋なひとは、この話を受け入れられないかもしれません。

でも、わたしはこの作品がとっても、とーってもすき。
なぜなら、この本には、鳥肌が立つような、
すばらしいセリフが、ところどころにちりばめられていて、
それぞれがわたしの心にものすごく響いたのだ。
どんなセリフがよかったのか、ということについては、
ここに書いてしまうと、ネタバレになってしまうので、
本をよんでからのおたのしみ。

こういう、ちいさなすれちがいは、
「ま、いっか」
と、簡単に見過ごすことができるのだけれど、
それは、必ず心のどこかにひっかかっていて、
いつか大きくなって、爆弾になって破裂するのを待っているような気がする。
だから、わたしは恋人に対して、
自分とちがう理解の仕方をしているなと感じたときや、
自分の気持ちとちがうふうに伝わっているかもしれない、と思ったとき、
必ず確認するようにしている。
以前は、伝わらないことをそのまま流してしまっていたのだけれど、
いまは、それが、いかに重要か、ということがよくわかる。
この本を読んで、そういうことを思った。

この主人公の実家は「帯広」という設定になっている。
江國香織が、「帯広」という街を知ってくれていたこと、
じゃがいもがたくさんとれる、ということを知ってくれていたことが、
わたしにとって、ものすごくうれしかった。
いつか、実際に会うことができたら、
「どうして帯広という街をえらんだのか」
という質問をしてみたい。
そしたら、きっと、彼女の独特のこたえが返ってくるんだろうな。

日常に刺激がすくないと感じている方にはおすすめの本です。

関連記事

Category :
該当の記事は見つかりませんでした。

3 Comments

ずず says..."明けましておめでとうございます!"
今年もよろしくお願いします!
私もこの小説読んでます。
江國さんらしさがにじみ出ている内容で、かなり気に入ってしまいましたが、
こんな夫婦はイヤだなぁと思いました。

本当にハッとさせられる言葉が多かったですね。
ネタバレになるといけないので、ここで言えないのが残念ですが(笑)
私は春夫のキャラが好きでしたよ。

>自分の気持ちとちがうふうに伝わっているかもしれない、と思ったとき、
必ず確認するようにしている。

その心がけは、すごく大事なことだと思います。
いつか爆弾となって破裂しないためにも、その考えのままで
いてくださいね!
2007.01.07 00:22 | URL | #- [edit]
JJ says...""
この作品は好き嫌いが分かれるところだと思いますね~。

内容は恐ろしいですが、
デティールは相変わらず好きでした。

それと、残念ながらトラックバックは
できてないっぽいです(^-^;
2007.01.07 22:24 | URL | #- [edit]
うさぎ says...""
ずずさん、あけましておめでとうございます。
そうねー、これを読むと、結婚がすこしこわくなりますね。
たぶん、実際にこういう夫婦はいないのでしょうけれど、
それでも、一方的に意図のない話を聞かされ続けるのも、
夕食の直後に、部屋にかぎをかけてひきこもられるのも、
どちらも信じられないわ!
わたしも春夫のストレートな感情表現にはひかれました。
あんなふうに言ってくれるひとがいたら、
わたしも飛び込んじゃうかもしれないな。
おたがいに、いつでも、できるだけ素直でいられるようにしたいですね。

JJさん、
この作品は、他の作品よりも、
登場人物の心理描写が緻密だったように思います。
わたし的に「はちみつフレンズ」がつぼにはまりました。
テディベアファンクラブに、これ以上ないほどのぴったりなネーミング!
トラックバック、やはり失敗でしたか…。
もう一度挑戦してみます。
2007.01.08 00:42 | URL | #1jxB54a6 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/448-658a2576