ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
4

芸術と行政の共存について。

mikiちゃんがわたしのお家にきたときに、自慢したものがあった。
それは、わたしが今までにいった展覧会で買い集めた
ポストカードのコレクション。
展覧会に行くたびに、気に入った絵のカードを買って、
それをクリアファイルに集めていたのだ。
そうすることで、かなり前に行った展覧会の感動を
いつでも思い出すことができる。

そのなかで、mikiちゃんが、
「すごいー!」
と感動していたのが、島根県にあるルイス・C・ティファニー美術館で買った
ステンドグラスのカードだった。

わたしはその美術館がとてもすきで、本当にすきで、
くまなく堪能していたら、あっという間に3時間ほどが過ぎていた。
いままでに行ったなかで、いちばんすてきな美術館だった。
光の具合によって表情を変える、壁一面のステンドグラス、
味わい深いアンティークのランプ、
日本文化が、いかにして西洋文化に取り入れられていったのか、
などなど、
興味深いものがたくさんあって、全然あきなかった。
階段の踊り場一面に広がった、「鹿の窓」の美しさは、
きっと忘れることはないんだろうなと思う。
あまりの美しさに足がとまった。
神々しいほどに鮮やかだった。
そのほかにも、ティールームもすてきだったし、
併設されているイングリッシュガーデンもすばらしかった。
島根でのいちばんの思い出だ。

だから、mikiちゃんにも、ぜひぜひそのすばらしさをお伝えしたい!
と思い、久々にHPを開いてみると、
なんと、来年3月で閉館することになったというではないか。
あんなにすばらしい美術館が閉館してしまうなんて、
すごく、すごくもったいない。
でも、何よりもがっかりさせられたのが、その理由だった。

こちらを見ていただきたい。
閉館の理由は、ティファニー美術館が位置する松江市との確執だというのだ。
これはもったいない。
美術館側は、存続の余地を模索していたにも関わらず、
松江市には、その意志がないようなのだ。

もちろん、リンク先に書かれた内容は、
ティファニー美術館の一方的な言い分であり、
それだけが正しいとはわたしは思わない。
松江市にもそれなりの言い分があるだろう。

まず、この美術館を松江市に誘致したのは、松江市の前市長だった。
彼は、松江市を観光で活性化させようとしていたようで、
開館にかなり積極的だったらしく、
美術館に対し、様々な条件を提示したうえで、この美術館を作った。
が、彼は突然亡くなってしまい、市長が変わることになる。
これが、ティファニー美術館の大きな誤算だった。

ティファニー美術館の述べる「理由」からは、
現市長がティファニー美術館について、あまり積極的でないことが窺える。
恐らく、前市長の目論見は、財政的圧迫を生み出しているのだろう。
だから現市長だけを一方的に責めることはできない。
それに、芸術がなくても、生きていくことはできるから、
行政が軽視してしまうのもわかる。

でも。
芸術は、人間にとって、必要不可欠なものなのだ、とわたしは思う。
すばらしいものは、ひとの心を豊かにするし、きれいにする。
すばらしいものや美しいものをちゃんと知らないから、
みんな心が荒んでいって、
いじめがあったり、自殺したり、ひとの心がわからなくなったりする。
人々の趣味や趣向が多様化して、
いいものも悪いものもいっしょくたに氾濫してる、こういうときこそ、
普遍的で一流の立派なものを見ることがだいじなのにーー。
と思ったら、この美術館の閉館が、とっても悲しくなった。
また行きたいって思ってたのに。本当にかなしい。

行政にこそ、芸術のエッセンスを取り入れるべきなのだ、
とわたしは常々思っている。
人々が訪れたくなるような、すばらしいデザインの市役所や学校や公園とか、
自分も参加したくなるようないベント、とか。
そしたら、わたしはその街がすきになるし、誇りに思うし、
その街での生活がたのしくなると思う。

せっかくこんなにすてきな施設があるのに、
それをみすみすと逃がしてしまうなんて、すごくもったいない。
松江市よ、目を覚ましておくれ、とわたしは言いたい。

などと、えらそうなことを言っても、わたしはただの26歳の無力な女で、
国を変えることはできないので、
美しいものを見て、囲まれて暮らすことが、いかに心の平穏をもたらすか、
ということを、
できるだけ多くのひとに伝えることくらいはしていきたいと思いました。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

JJ says...""
島根まで来られたことがあったんですねぇ。
もう少しで広島だったのに(笑)

日本の芸術性といえば去年行った名古屋万博も、
海外のパビリオンに比べて日本のパビリオンは
あまりセンスを感じられませんでした。

でも、男として最先端のテクノロジーには
感動させられましたがw
2006.12.12 12:44 | URL | #- [edit]
うさぎ says..."ええ。"
広島、行ってみたいなあとは思っているんですけれどねー。

わたしはちょうど、愛知万博とはすれちがいなので、
JJさんがとってもうらやましい。
ほんとに行きたかったです。
モリゾーに会いたかったのにな。
でも、最先端テクノロジーも魅力的よね。
ああいうのを作れるひとたちは、
いったいどんな頭をしているんだろう。
同じ人間として、気になる。
2006.12.12 23:56 | URL | #1jxB54a6 [edit]
Rikaumo says...""
はじめまして、Rikaumoと申しますブログの足跡より参りました。
ティファニー美術館がなくなってしまうのですね。松江には以前少しすんでいましたが、この美術館がなくなると松江の観光地としての魅力が大きく下がってしまいますね。残念です。
2006.12.13 01:04 | URL | #- [edit]
うさぎ says..."いらっしゃいませ。"
いつのまにか足跡つけてたのですねー。
コメントありがとうございます。

ティファニー美術館は、松江市にとって、宝でしたよね。
フォーゲルパークや松江城もとってもよかったのですが、
やっぱりティファニー美術館がいちばん印象に残っています。
閉館が決まってしまいましたが、
今後の動向を遠くから見守っていきたいと思います。

Rikaumoさんのブログへもあそびにいきますね。
2006.12.14 00:34 | URL | #1jxB54a6 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/423-5ffb71cc