ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
0

ひがし茶屋街

まだまだ金沢はつづく。

時間がすこし余ったので、
ひがし茶屋街というところへ足を踏み入れることに。
ここは、昔ながらの街並みが、映画のセットのごとく残されている。
茶屋はいちげんさんお断りとのことなので、お茶屋に行くのではなく、
街並みをたのしみに行くところです。

兼六園からひがし茶屋街も、タクシィでだいたい千円くらい。
細い小道を抜けると、突然古き懐かしき光景が。

2006112701.jpg

まるでタイムスリップしたみたいだ。
時の流れに取り残されたみたい。

この街並み全体は、それほど広くないのだけれど、
小さなお店がたくさん並んでるので、なかなかにたのしめます。
わたしたちは、メインの通りからはずれた通りで、
くるみやというかわいい雑貨屋さんを発見。
だっておんなのこだもん、小さな雑貨にときめくよ。

ここは、商品のボリュームが多く、
それらがばさばさっと置いてあるので、
そのなかから、おきにいりの柄を選ぶのもたのしい。
わたしは木の葉模様のポケットティッシュケースを購入。
これで、まいにち金沢の思い出を持ち歩くことができる。

ぷらぷらしてると、はらぺこになってしまったので、
ランチをいただくことに。

日曜の微妙な時間にさがし始めたので、どこもしっくりこない。
そんななか、十月亭というお店を発見。
うどんセットが千円で食べられるという。
ふつうなら眼中には入らないところであるが、
いまのわたしたちは観光客であり、状況もやや切迫していたので、
そんなわがままは言っとれん。
勇気を出して、千円のうどんに挑戦。

お店のなかは、街並みの雰囲気とリンクして、
ものすごくいい感じだった。
ここでも和服のすてきなおねーさんが接客してくれる。
和服はいいよね。
またまたカウンターの席に座ったのだが、
情緒あふれる内装に、じっとしていられないわたし。
お庭やお花や、カウンターにちょこんと座っている恋人を撮ったりしていた。

2006112705.jpg 2006112706.jpg

2006112702.jpg 2006112703.jpg


そうこうしているうちに、うどんはやってきた。
北海道生まれのわたしたちにはめずらしい、味噌仕立てのうどん。
この日は空模様がごきげんななめで寒かったので、
からだがとってもあったまった。

2006112704.jpg

うどんだけじゃなく、ごはんもついています。
だから、男性でもまんぷくになるんじゃないかしら。
味も、とってもおいしかったし、
なによりも、このお店の雰囲気がとっても気に入った。
なので、わたしはおすすめします。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/417-579bcee3