ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
2

ザ・リベンジ・オブ・ひつまぶし。

名古屋観光のつづき。

おまいりのあとは、やっぱり腹ごしらえでしょう。
何事も、腹が減っては、戦えないわよねー。

というわけで。
ひつまぶしで有名な「あつた蓬莱軒本店 蓬莱陣屋」というお店へ。
ちなみに、「ひつまぶし」とは、このお店の登録商標なのだそうだ。
まさに元祖、由緒正しきひつまぶし屋。
本当は、熱田神宮のすぐ隣にも支店があったのだけれど、
そこは、余裕で「1時間待ち」とかだったので、
「そんなんいやじゃーー」
とわたしがだだをこね、
すぐ近くにある本店へいくことにしたのでありました。
うん、どうせ食べるならねー、本店がいいじゃないのよ。
Uexx氏が、本店への看板を発見し、
その後は、Uexx氏と恋人が、くんくんしながらお店を探した。
「おー、こっちの方から香ばしい匂いがする!」
などと、すばらしき犬っぷりを見せていただいた。

神宮から徒歩10分足らずで、本店に到着。
ものすごい行列。支店よりもすごいぞ。結局ここも1時間待ち…。
でも、Uexx氏には、絶対に食べていただかなくてはならないので、
これ以上だだをこねるのをあきらめ、そのへんをぷらぷらして歩くことに。
すぐ近くに、小さな港のようなところがあり、そこでSmoking Break。

back.jpg

Uexx氏の背中面積は、いろんな意味で広い。
でも、恋人のえりあしのくるり度も負けてないわよ。
いろんな話をしていたら、あっという間にお店との約束の時間になった。

が。
お店に到着しても、まだ店内は、はらぺこおのぼりさんたちでごった返す。
ぬおー。まだかー。
忍耐力ゼロのわたしは、店内をうろうろしまくった。

このお店は、ロマンあふれる内装になっていて、
興味深いものたちの宝庫。
写真を撮らずにはいられなかった。
わたしは全然じっとしていなかったので、
お客さんや店員さんたちにかなり迷惑をかけたことだろう。

houraijinya.jpg

ふかふかの深紅のじゅうたんは、高級感たっぷり。
でも、いちばん気に入ったのは、これ。

ohukusann.jpg

お福さん。
こなれたかんじの文体も味があって、ずるい。

ohuku.jpg

見てると、なんかいいことありそうな気がしたので、皆様にもおすそわけ。
いいことあるかもよ。

さて。
いよいよひつまぶしに挑む。

hourai.jpg

Uexx氏は、びっくりするほどの感動ぶりだった。
食べるか、「うまい」を連発するかのどちらかだった。
そこまで感動していただければ、1時間半も待った甲斐があったわね。
しかも、食べ方を変えるたびに、興奮度はうなぎのぼりに上がっていく。
ここまでよろこんでいただければ、うなぎさんも本望であろう。
前回食べたしら河とのちがいは、
それほど感じられなかった。
同じくらいおいしかった。
ただ、最後にかけるための出汁は、しら河の方が濃厚だったように感じた。

でも、しら河とはくらべものにならないほど、
店員さんたちの接客がすばらしいし、内装もすてきだ。
だから、いまのところは、こっちの勝ち。

店員さんたちは、日々、目の回るような忙しさだろうにも関わらず、
笑顔でとても感じがよかった。
うなぎや、ひつまぶしについて、何の知識もないわたしは、
生きているうなぎを店内でさばいていることにびっくりした。
だって、うなぎって、にょろにょろするイメージだからさー、
職人さん、すげーなー、って思ったの。
そしたら、そのおばちゃんは、わたしに
「そんな、くたばったうなぎを調理しても美味しくないわよ」
とおしえてくれた。確かにそうね。
「くたばる」ということばが、わたしたち3人のつぼにはまってしまった。
関東方面では、うなぎをまず蒸してから、焼くのだそうだが、
こちらの地方では、蒸さずにすぐに焼くので、
関東方面で食べるものよりも、香ばしく、かりっとしているのだそうだ。
そのため、ひつまぶしを食べるためだけにここに足を伸ばすひとも多いらしい。
へー。なるほどね。地域によって調理方法にちがいがあるわけか。
こういうコミュニケーションも、観光の醍醐味です。

それにしても、Uexx氏のよろこびっぷりは、すごかったなー。
心身ともに、おなかいっぱいになったあとは、
大須でぶらぶらすることにしたのだが、それはまたあした。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

sabo says..."おなかいっぱいでしょ^^"
蓬莱軒は、いつ行ってもすごい人ですよね。
私もGWたいへんだったもの。。(笑)
でも、美味しいし、座ってゆっくりできるから
私も本店が一番好きです。
ちょっとわかりにくいけれどね。

カフェが多いのは、名古屋を離れてみて初めて気付きました。
いろんな場所に行けば、またそこ独特の 地域的な特色がたくさんあって。
そういうのって、なんだか とても楽しいですね♪
2006.11.05 09:00 | URL | #- [edit]
うさぎ says..."はい。まんぷくでした。"
saboさんもGWに行ったんですねー。
ふつうの週末であの混雑っぷりだから、
GWは、さぞ大変だったところでしょう。

名古屋は、本当に喫茶店が多いですよー。
カフェ、というよりも「喫茶店」ね。
こんなに地域特性が種類豊富な土地って、
めずらしいですよー。
わたしは日々新しいことの発見ばかりです。

saboさんが名古屋に帰省してきたときには、
ぜひともお目にかかりたいです。
2006.11.05 23:49 | URL | #1jxB54a6 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/401-01336a05
美味!ひつまぶし!
行って参りました、愛知へとっても楽しい2日間でした。あまりの楽しさに誰にもお土産買うのを忘れてしまった、悪しからずでは、今日は愛知の1日目昼の部についてご紹介まずは東京を7時半に出発し東名高速道路を