ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
4

コーチングを学ぶ。

わたしが所属している派遣会社では、
専門学校も運営しており、
無料でいろいろなセミナーを開催している。
どうせだから、いろいろ利用してやろうと思い、
興味のあるセミナーを、かたっぱしから申し込んでみた。
その1つが、「コーチング」のセミナー。
学んだことを忘れないためにも、内容を書き留めておく。

「コーチング」とは、ひととのコミュニケーション方法の1つ。
質問すること、話をきくこと、
相手を承認すること、という、3つのスキルから、
クライアントのなかにある答えを引き出す、というもの。

コーチ、というと、ブランドのバッグや、
もしくは、スポーツの指導者、というようなイメージが先行する。
もともと「COACH」という言葉は、「馬車の幌」という意味を持っており、
あのブランドのコーチも、その馬車の幌を作っていた企業だったのだそうだ。
馬車は、モノやヒトを、目的のところまで運ぶという役割を持っているため、
目標へのサポートをする、という意味も持つらしい。
そんなわけで、コーチングは、自己実現や、人の成長をサポートするための
コミュニケーション方法なのである。
似たようなものに、「カウンセリング」と「コンサルティング」があるが、
それぞれ、ちがう性質を持っている。
カウンセリングは、心理的問題解決及び治療であり、
コンサルティングは、専門分野に特化したビジネスツールであるのに対し、
コーチングは、そのひとの主体性や、行動の指針となるものを導く。

さて。
とてもおもしろかったのは、コーチングのなかでの
「聴く」
というスキルの意味。
これは、ただ話を聞くだけではない。
漢字をよく見ると、「聴」という文字には、目と、心という字が入っている。
相手の状態をまず、目で見て、
その話を心で聞く、ということなのだそうだ。
そして、その状態や、相手の感情をすべて認めなくてはならない。
自分の主観、価値観や、否定はすべて排除し、
相手に起こった事実と、抱いている感情をすべて認める。
それによって、安心感が生まれ、信頼につながっていくのだそうだ。

たとえば、具体的にどうするのかというと、
「仕事が忙しくて、11時まで残業だったのよー」
という話に対し、
「わたしなんて、12時まで残業したりするわよ」
とか、
「そんなに働いてどうするの?」
などといった主観的かつ否定的なことを言うのではなく、
「そうなの、夜遅くまで大変だったのね。」
と、相手の言う状態を認めてやる、ということ。
なーんだ、かんたんじゃん、って思うでしょ。
でも、すべての会話に対して、相手を承認するってことは、
実際にやってみると、むずかしいのだ、これが。
いかに、常時他人の話を全然聞いてないか、ってことが、
よーーーくわかってしまった。

でも、そうやって相手を認めることによって、
相手は心を開いて、気持ちよく話をすることができ、
そうやって話したことのなかから、
相手は、自分の探していた答えをみつけることができるの。

いちばん興味深かったフレーズは、
「そのひとが必要としている答えは、そのひとの中にある」
ということ。
あたりまえのことなんだけど、
そっかー、そういうことだったんだ、
と、思い切り納得してしまった。

そう、すべてはなんてことないことで、
特別なことなんて、何もないのだけれど、
そういうふうに、考え方をちょっと変えるだけで、
コミュニケーションは、ものすごくスムーズになる。
コーチングは、おもしろい分野だなあ、と思った。
機会があれば、また本やセミナーで勉強してみたい。
みなさんにもおすすめです。
かならず新たな発見を得られると思いますよ。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

JJ says...""
コーチングにコンサルティング、それにカウンセリング。

どれも人間ありきのコミュニケーションの手段だし、
身に付けることでより内面の魅力を磨くことができると思うんです。
僕も人とのコミュニケーションは大好きですし、そういうものに興味を持って積極的に取り組むうさぎさんに、ものすごく共感しました。


またおもしろいセミナーがあったら教えてくださいね★
2006.10.22 00:03 | URL | #- [edit]
うさぎ says..."内面の魅力。"
JJさんとは、ほんとうに気が合う部分が多いですねー。

お仕事をするうえで、
人に使われるにも、
人を使うにしても、
いちばん大切なのは、コミュニケーション能力だと思うのですよ。
でも、それについては、まったくと言っていいほど、
自信がないので、
こういうセミナーには惹かれます。

ほんとに基本的なことなんだけれど、
ものすごく些細なことを意識するだけでも、
人間関係は変わっていくものだと、
わたしは信じています。
2006.10.22 12:27 | URL | #1jxB54a6 [edit]
むらさき says..."いろいろ、だよなー"
私はどうも、相手と話す時、相手のことばかりを話してしまうクセがある。これは歳取って(笑)わかったことなんだけど。っていうか、歳取ったから許されるようになったらしい、のよ。
いいことなんだろうけど、「すぎる」のは良くない、と友達に怒られた事があるデスヨ。
私はなんでも話しているのに、なんでアンタは自分のコト話してくれないの!ってナ…。
あのね、私は「自分の事を話さなさ過ぎ」なんだとさ。そんなつもりは無か…いや、でも言われてみれば、質問されても「一般的には」っていう客観的意見ばっかでさ。自分ならこうする、とか、私はね、とか、そういう話に持っていかないから。
身内だと違うんだけど(笑)
相手が私と親しいと思ってくれている人にほど、「すべて」を話してくれない人、って言われるのだよ。
コレ。
実は私、本当に心を開くまでに時間のかかる人なんだな。あは☆
「そのひとが必要としている答えは、そのひとの中にある」ね。これね、私ね、一番最初に考えちゃうことなのね。
良いコトとしての意味じゃなく、「自分の話をしなくて済む、相手と適度な距離をとって話せる最良の方法として」使ってたってコトだよね、私は。

なんでも「過ぎる」のは良くないんだな。
難しいねぇ。人間関係って(笑)
2006.11.07 05:23 | URL | #- [edit]
うさぎ says..."大人なのよ。きっと。"
そういわれたら、そうなのかもしれないね。
いや、わたしは、身内だから、
むらさきさんはいろんなこと、話してくれてると思ってるし、
いろんなお話をおしえてもらってるんだけどさ。

自分のことを話すかどうか、というのは、
自分の意思で決めることであって、
相手が「話して」って強制するものではない、
とわたしは思ってるから、
そんなふうに相手に望んだことはないなー。
そういうふうに言うひともいるのか、
と、純粋にあたらしい発見でした。

わたしは、自分のことばっかりしゃべっちゃってる気がするから、
わたしたち、足して2でわったらいいのにねー。

わたしはむらさきさんが、とっても大人なんだと思うよ。
年齢的に、じゃなくって、精神的に、ね。
ひとの話をきくことって、
意外とむずかしことだからさ。
2006.11.08 00:27 | URL | #1jxB54a6 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/392-6e231bac