ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
2

徳川園をおさんぽ。

3連休2日目。この日は、快晴。
おさんぽしたいね、ということで、
名古屋駅からちょっと離れた大曽根というところにある、
徳川園」という日本庭園を散策することに。
地下鉄に15分ほどゆられ、そこから徒歩で15分くらい。
公共交通機関を使うなら、タクシーを利用したほうがよさそうです。

歴史に疎いわたしは、なぜ、名古屋に徳川?
と思ったのですが、
徳川御三家筆頭である尾張藩第二代藩主光友というひとが作ったので、
「徳川園」というのだそうです。
…「徳川御三家」って、なに??
もっと歴史を勉強せねば。

そんな歴史はさておき、徳川園は、緑と水に囲まれた、
とっても落ち着くおさんぽコースでした。
大きな池と、滝のある日本庭園と、
美術館などがあります。



美術館では、茶の湯道具を展示していたのですが、
あまりたのしそうなかんじではなかったので、
300円を払って、庭園へ。

tokugawa2.jpg tokugawa3.jpg

ここのみどころは、滝のようです。
木々の緑と流れる水のコラボレーションは、癒され度満点。
自然の水は、どうしてこんなにも、精神的作用をもたらすのかしら。
身も心も、すっきりと浄化された気分です。

tokugawa5.jpg

太陽の光が水面にきらきらと反射して、とってもきれいでした。
お天気がよくて、本当によかったー。
お花がいっぱいの庭もすきですが、
こういう緑がいっぱいの、日本ならではの庭園もいいものです。
つくづく日本文化のレベルの高さを誇りに思います。

森を抜けると、大きな池が広がります。
この池には、たくさんの錦鯉が。

tokugawa7.jpg tokugawa6.jpg

金色の鯉がひときわ目立ってて、きれいでした。
なんかバブリー。さすが名古屋。
恋人は、
「こいつら、高いんだろうなー、
 でも、食べたらうまくなさそうだ。」
魚を見ると、食べることを考えるあたりに、漁師の血を感じる。

庭園を思う存分堪能した後は、おみやげやさんに立ち寄る。
こういう和ものを扱う店には、誘惑が多い。
観光名所に行くと、本のしおりを買うようにしているのですが、
こちらのは、ちょっとちがうと感じたので、がっかり。
でも、リアルねこのクリアファイルと、
淡い色合いのきれいなガーゼハンカチを、
恋人におねだりして買ってもらった。
neko.jpg kiku.jpg

リアルねこファイルは仕事用。
花の描写の繊細さと、ねこの表情の豊かさがおきにいり。
はんかちは、菊とちょうちょがついてて、
ピンクとみどりのグラデーションがきれい。
はだざわりもさらっさら。
どちらもかなりのおきにいり。だいじにします。

徳川園は、また来たい。
お買い物よりも、カラオケよりも、ストレス解消になる。
そういう選択肢をみつけることができたことをうれしく思う。

さらにおさんぽは続き、絶品ランチのお店を発見したのですが、
このつづきは、またあした。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

JJ says...""
旅先で本のしおりを買うのっていいですよね★

僕も沖縄でジンベイザメのしおり買ってみたんですが、
ときどき旅行での記憶を思い返したりして
自由な感じに浸ってますw
2006.10.09 22:38 | URL | #- [edit]
うさぎ says..."やはり読書家ですね。"
そうー、しおりって、いいのよー。
軽いし、小さいし、お値段もお手ごろだし。
本を開くのがたのしみになるよね。
わたし的に、かなりしおりの重要度は高いです。
ジンベイザメ、すてきー。
モチーフとして、おもしろいな。
沖縄に行く機会があるならば、ぜひ探してみます。
2006.10.09 23:07 | URL | #1jxB54a6 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/384-dfa732eb