ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
3

「大地の恵み 望」で飛騨牛満喫。

新しい仕事についてから、お休みが週末と祝日になった。
今までずっと、サービス業しかしたことがなかったので、
週末、世間がわいわいおでかけしているころに働いて、
平日、世間がわしわし働いているところで遊びまわっていた。
すきなときに希望を出して休むことができ、
予定があれば、週末もお休みをとれたので、
こっちのほうが、いろいろ遊べて、便利だった。
週末は、どこもかしこも混んでて、やーねー。
遠出の計画を立てようにも、宿泊先も交通機関もフル稼働状態。
なので、近場であそぶことにした。

3連休1日目。
夕方まで、ごろごろしたあと、名古屋へくりだす。
駅についたのが、5時。もう1日が終わろうとしていた。
ビックカメラを2時間もうろうろし、ゴージャスライフを夢見た後で、
ばんごはんを食べに行くことに。

今日は、とにかくおいしいものを食べたかったので、
ホットペッパーでいろいろなお店を予習し、
雰囲気のよさそうな「大地の恵み 望」というお店に行くことにした。

場所は、国際センター駅の出口からすぐ。
がんばれば、名古屋駅からも歩いていける距離です。

週末に、予約もなしで行ったため、カウンター席につくことに。
店内は、かなり暗めなのでですが、
ちゃんとテーブルにはスポットライトがあたっていて、
お料理が美味しそうに見える。
カウンターの後ろには、日本酒の瓶が美しく並んでいて、
恋人は、「特別大吟醸だから」といって、
「みや川」というお酒をオーダー。
ものすごく香りがよかった。恋人はかなりご満悦。
お酒をたのんだあとに「つきだし」が出てきたのですが、
ちいさな木箱に4つの小鉢が入っていて、見た目も、味もとてもよかった。
わくわくしてメニューを開く。

雰囲気だけで選んだのですが、ここは飛騨牛が主力メニューのようだ。
和牛、しかもお刺身!?そんなのたべたことないよー。
しかも、となりのページには、
「飛騨牛炙り焼きのにぎり寿司」!
一度は食べてみたかったのー。
金曜の夜、恋人はぱちんこでかなりふところがあたたかくなったため、
わたしたちは、調子に乗って、牛肉ばかりを頼みまくった。

まずは、カルビがやってきた。

karubi.jpg

焼かれた石も運ばれてきて、その上で焼くのだ。
石で焼くってのも、なかなかいいね。
あっという間に火が通り、塩をつけてそっと口にはこぶと、
カルビは、舌の上でとろけた。
すごい、すばらしい、なんなの、このやわらかさは!
今までに食べた肉のなかで最高だ。
恋人とわたしは目を見開いてよろこんだ。

さらに、つぎにやってきたのは、和牛のお刺身の盛り合わせ。

sashimi.jpg

和牛ってだけでもすばらしいのに、それを生で食べるなんて、
あなた、贅沢の極みだわよ。
焼いたお肉とは、またちがう、やわらかさ、なめらかさ。
恋人とわたしは、もっと目を見開いた。
この世に、こんな食べ物があったとは…。

そして、きわめつけは、和牛の炙り握り寿司。
このへんになると、興奮しすぎて写真をとることすら忘れる。
生牛肉を、寿司って、すごいこと考えたもんだわね。
お皿のうえに4かんのお寿司がのってきて、
半分は、炙ってあり、半分は生でした。
塩か、醤油でいただきます。
わたしは炙ってあるほうがジューシーで気に入りました。
もちろん生和牛のほうも美味ですよ。
ただ、わたしは口が小さすぎて、一口で美しく食べることができず、
息ができなくなり、とってもみっともなかった。
もっと小さいサイズでお願いします…。

ここまで牛3連発でくると、さすがにおなかがいっぱいになってしまった。
でも、デザートは別腹。それが女の性というもの。
やや引き気味の恋人を放置し、カタラーナをオーダー。
これがまた、すばらしかった。
まず、見た目がいい。
ガラスの長皿に、小さくカットされたカタラーナが整列してやってきた。
とても食べやすくて、よい。
しかも、味も、ちょうどよい濃厚さだったのだ。
くどすぎず、かといって、あっさりしすぎていない。
今までに食べたカタラーナのなかで、いちばんおいしかった。

お食事で、こんなにしあわせな気分になったのは、ひさしぶり。
料理ももちろんなのですが、
カウンターで調理していたおにーさんが、かんじがよくてすてきだった。
料理をしている最中に声をかけても、きちんと笑顔で対応してくれた。
とてもすてきなおにーさんでした。
やっぱりね、お店は人間性もだいじですから。
恋人とわたしの、とてもおきにいりなお店になった。

Uexx氏とmikiちゃんは、名古屋入りが決定しているので、
ぜひ連れて行ってしんぜよう。
むらさきさんは、いつくるの?
ほかにも名古屋に興味がある方がいらっしゃいましたら、ご案内します。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

3 Comments

piccorina says..."ごくり・・・"
思わず生唾ゴックンです。
美味しそう・・・これだけ堪能し尽くされたなら
飛騨牛は何も思い残すことはないでしょう。
本望ならぬ、本モゥ~ですね。←牛なので
器も素敵な感じです。
2006.10.09 13:55 | URL | #- [edit]
riku says...""
うさぎさんの記事を読んでいると、
名古屋がこのうえもなく素敵な町にみえてきます!
恋人氏も最高!

私も先日和牛炙り焼きのにぎり寿司 を食べましたが、美味しいですよねぇ。でもお値段もたいへん結構なものでした(笑)

名古屋にはいけないけれど、記事を楽しみにしています。
2006.10.09 21:37 | URL | #WIDQZP9I [edit]
うさぎ says...""
piccorinaさんのコメントは、
いつもほんとうにかわいらしいですねー。
ありがとうございます。
わたしたちがこれだけはしゃいだなら、
飛騨牛も本モゥか。
いいことしたな。
外で食事をするときには、雰囲気も味わいたいので、
器や、お店の内装、接客なども、
重要な要素ですよね。
ここは、すべてにおいて、なかなかでした。

rikuさん、
名古屋は、たしかにすてきな街です。
遊びにきたら、いろんな発見があるでしょうー。
でも、どこにでも、すてきなものはころがってるので、
いろいろさがせば、どこでもすてきな街になりますよー。
炙り牛のお寿司、ぜいたくをしたいときには最高の食べ物ですよね。
お値段はそれなりですけれど、
でも、それにふさわしいしあわせ感が味わえるのがうれしい。
きっとここを見ていれば、名古屋に来たくなりますよ。いひひ。
2006.10.09 23:04 | URL | #1jxB54a6 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/383-617c3be2