ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
8

「終わり」がだいじなのよ。

会社に行ったら、いろんなひとがいろんなものをくれた。
わたしは、自分の近くの部署のひとたちにしか、
お菓子を買っていかなかったため、
何もお返しすることができず、ひたすらもらいまくるのみだった。
初めの方は、ただひたすらもらうことがうれしかったのだが、
最後の方には、ひたすら申し訳なくなってきてしまった。

わたしは、モノに対するこだわりが人並み以上であるため、
わたしの好みを完璧に把握したものをくれるひとが多かったのがおもしろい。

真っ赤なほうろうのポット、
ピンクのちょうちょ柄のタオルハンカチ、
真っ赤なグロスと、真っ赤なマニキュア、
ふっかふかのうさぎちゃんのタオル、
うまい棒10本、米5キロ、などなど。
帰りは周囲に心配されるほどの大荷物だった。

本当にたくさんのひとたちが、
「いなくなったら、寂しいわー。」
「明日から来ないなんて、信じられないー。」
と、口々に寂しがってくれた。
わたしは、自分自身が、会社や同僚に執着がないし、
自分がそれほど重要な役割を果たしていたとは思えないので、
「えー、それ本心?」
などと疑ってしまったが、
そうやって、口に出して言ってくれるだけで、ありがたいじゃないか。

こんなふうに、いろんなひとがよくしてくれたにもかかわらず、
うちの直属の上司は、コメントなし。
「おつかれさま」の一言もなかった。
そりゃあ、わたしは大した仕事をしませんでしたけれど、
わたしは、こういう人間にはならないわ。絶対に。

お家に帰ってからは、おとーさんとおかーさんに、また説教された。
彼らは未だにわたしの行動について、許していないらしい。
「おまえは将来、いったいどうするつもりなのか」
「こんな歳になるまで、心配させられるとは思ってなかった」
などなど。
結局のところ、ふたりとも、わたしがいなくなることについて、
とっても寂しいらしい。
おとーさんは、わたしの部屋にやってきて、
「どうするんだ、どうするんだ」と騒いだ挙句、
わたしのベッドにもぐりこみ、たぬき寝入りをしていたし
おかーさんは、
「寂しいの?」
ときいても、何も答えなかった。なかなかに寂しいらしい。
おばあちゃんも、
「すきになったらしょうがないからねぇ」と、
となりのお家から電話をかけてきた。

さっきまでいっしょに働いていたフクロウ先生も電話をかけてきた。
「いやー、明日からうさぎさんがいないなんて、信じられない。
 本当に不安。どうしよう。
 前のひとがやめたときは、こんなんじゃなかったのに。
 もうふざけられなくなっちゃうー」
と言っていた。
わたしって、お笑い用の女だったってことか?

行きつけだった飲み屋さんのかずえさんが電話をくれた。
そのお店は、もう閉店してしまい、今は解体作業の真っ最中で忙しいのに、
「今からちょっとだけいくから」
と、言って、彼女は家まで来てくれた。
車を降りて、
「服がちょっと汚いんだけど、いい?」
ときかれ、いいよ、と答えると、だきしめてくれた。
英語でいうところのHugってやつだ。
これには、わたしはまいった。
それまで全然感傷的にならなかったのに、
このときばかりは、涙が一気に出てきて止まらなかった。
かずえさんと、彼女のだんなさんのJ氏は、
なぜかわたしのことをとても気に入ってくれていて、
帯広でいちばん遊んだひとたちだった。
今思えば、いつもなんでも話をきいてもらってたのは、
かずえさんとそのだんなさんのJ氏だったし、
彼らの答えは、いつでもまっすぐで正しかった。
わたしが日本脱出をあきらめなかったのは、彼らのおかげだ。
彼らに出会えて、よかったなー、と思った。

いままでの過程にどんなことがあろうと、
いちばんだいじなのは、「最後」だ。
どんなお別れをしたか、ということだ。
最後の日に、
「おつかれさま」とか、「またね」と、きちんと言ってくれるひとが、
だいじにすべきひとなんだわ。

明日朝一で北海道脱出です。
北海道以外に住むのは初めてだし、
男のひとといっしょに住むのも初めてです。
みんなは、
「うらやましい」「おしあわせに」
とか言うけど、わたしにとっては、そんな簡単なもんじゃありません。
ともだちがひとりもいないところでやっていけるのか、
仕事はちゃんとみつかるのか、
気候も、人間性もちがう街で生きていけるのか、
愛知の生活はサバイバルです。
心身ともに健康を保つことができるのか、本気で心配ですけれど、
もう、行くしかない。戻れない。

というわけで、わたしが怠けていたせいで、
しばらくのあいだ、ネットできません。
ブログからも、ミクシィからも消えます。
10月あたり、元気だったら復帰します。
そのときに、今までにメールをくれたことのある方には、
「復帰したよ」メールを送ろうと思います。
そのほかにも「メールくれや。」という奇特な方は、
absolutelife@infoseek.jpまで、メールくださいな。
がっつり遅いですけど、いつかお返事します。
わたしはブログを更新しませんけれど、
コメントで遊んでいただいても結構ですからね。

消えたわたしをわすれないでくださいね。
それでは、また。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

8 Comments

タカシ says...""
とうとうこの日が来たね。
いろいろあるけど、自分の信じた道を、迷わず、妥協せず、まっすぐ進めばきっと幸せになるはず。
がんばれー!!
今度メールでも応援メッセージ送ります。
2006.09.01 01:18 | URL | #FXbBe/Mw [edit]
Dormy says..."いってらっしゃい!"
いよいよ、長い旅の始まりだね。
これからが、うさぎの人生の新しい幕開けだね!
これを読む頃は、うさぎはもっともっと大きくなって、
たくさんの経験と思い出を詰めて、
パソコンを楽しく見ている事でしょう。

自分の決断を決して悔やまず、
果てしない希望に向かって頑張れ、うさぎ!
君なら、君だから、出来る事があるよ!
応援しているからね!羽ばたいておいで♪

2006.09.01 03:53 | URL | #- [edit]
まこ says..."出発"
とうとうというか。。。なんかあっという間。
新天地で不安もいっぱいでしょうけど
うさぎちゃんらしく生きていって欲しいな^^
頑張れ!うさぎちゃん

P・S 
これでお別れじゃないよね!?
またね!は言ってもさよならは言わないよ~
だって。。。シャチホコだってアップしてくんなきゃ。。。
時間と気持ちの余裕があるときで構わないから
また私のブログに遊びにきてちょ!まってるね^^
2006.09.01 13:08 | URL | #- [edit]
葵 says...""
うさぎさん行ってらっしゃい!NEWうさぎさんの日記、楽しみに待ってます!
2006.09.01 23:21 | URL | #- [edit]
riku says...""
みんなに愛されているうさぎさん
新しい生活、心から応援しています。
愛知が楽しくてブログ忘れてたにゃー なんていわずに
落ち着いたら、必ずここに戻ってきてね。待っていますよ~!!
2006.09.01 23:52 | URL | #WIDQZP9I [edit]
piccorina says..."いってらっしゃい!"
ワクワクする気分を楽しんでくださいね。
新しい生活は不安もあるけど、それ以上にきっと楽しいことが沢山待ってますよ!
また、ブログに遊びに来て下さることを首をながーくして待ってます。
その頃には念願叶って私は“キムタクヘア”を実現しているかもしれません。←あきらめきれず・・・
2006.09.05 15:20 | URL | #- [edit]
JJ says..."忘れるわけないですよー"
コメント遅くなってしまって申し訳ないです。

別れとか最後とか、新生活とか同棲とか同時多発的にえらいことが起こって最初は混乱するかもしれませんが、僕にはうさぎさんが自分の道を正しく真っ直ぐ突き進んでいくと信じています。

あわただしい毎日になるかもしれませんが、たまには読書や彼や遊びだけでなく、ブログのコメントにも癒しを求めにきて下さい☆僕でよければ力になりますよ。

薦められた「エンジェル」読みましたよ◎主人公が同じ名前だったので、始めはドキッとしました(笑)
また、いい本があったら紹介して下さいねー。
2006.09.11 08:20 | URL | #- [edit]
うさぎ says..."みなさま、ありがとう"
お返事、とっても遅くなってごめんなさいね。
お家で、どうしても、ネットができなくて。

タカシさん、
いろいろありましたが、なんとかやってます。
でも、愛知を案内できるようになるのは、
もうすこし先かもしれないわー。
それまでに、いっぱい観光しておくわね。

Dormyちゃん、
うーん、この短期間で大きくなったかな。
でも、北海道にいるわたしとは、
ちがうわたしにはなっているよ。
希望は果てしないけれど、
できるかぎりそれに近づけるようがんばるよ。

まこさん、
まさに、愛知は新天地。
未だ右も左もわかんないような状態です。
でも、少しづつ開拓してみせるわ。
もちろん、これでお別れではないですよ。
でも、ネットできずで、ブログにも遊びにいけないよー。
早く解決策をみつけなくては。

あおいさん、
こないだはどうも。
あおいさんのブログ、見ました、わたしとmikiちゃんと会ったとこ。
おもしろかった。
わたしって、そんなかんじだったのね。

rikuさん、
ブログ、忘れたくても、忘れられないにゃーー。
ちくしょー、早く戻りたいのに戻れないぜ。
そのうちあそびにいきます。
気長に待っててくださいな。

piccorinaさん、
いま、不安とたのしいのと、ちょうど拮抗してるとこかな。
そろそろキムタクになりましたかね?
piccorinaさんの写真が見たい!
たのしみにしています。

JJさん、
メールもありがとう。
同時多発的にえらいことになってますが、
まあ、なんとかやってます。
同棲、っていう、響きが、なんか、はずかしいのですが、
期間限定の居候ですよー。おほほ。
古本屋さんを見つけられないので、
最近本を買ってません。
しばらく読んでないな。だめね。
おすすめあったら、ちゃんと紹介するからー。
2006.09.18 00:52 | URL | #1jxB54a6 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/378-71a6deb9