ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
3

これがわたしの生きる道。

昨日まで、有休を消化していため、10連休だったのだが、
今日からとうとう仕事再開。
といっても、あと2回行けば終わりなのだけれど。

久々に会社へ行ってみると、
この10連休で、自分がいかに精神的に元気になってしまったか、
ということと、
「やめよう」と決意するまでの間、いかに自分が腐っていたか、
ということが、ものすごくはっきりとわかった。
先が見えない状態だったころの、
疲労、倦怠、鳥肌がたつほどの嫌悪感などが、すっきり消えていた。
行き交うひとにあいさつをするだけでも、
そうじをするだけでも、まるでちがう。
お家に帰ってきてからの精神状態も、全然ちがう。
水を得た魚、という状態を、もろに体感してしまった。
生殺し状態からの解放という精神的安堵もあるけれど、
たくさんあそんでくれた友人たちのおかげです。ありがとう。

自己実現のために生きているはずなのに、
本当の自分を見失ってまで、働かなくちゃならないなんて、
生きる、ということは、難解かつ不可解な代物だ。

働いているまわりの友人たちは、みな、
「疲れた、やめたい」
と言うけれど、それでも何年もずっと、同じ会社で働いている。
えらいよなあ、と思う。
わたしには、それができないから。
ずっと抑制されていると、生きてる感覚がなくなってくる。

ともだちも、両親も口をそろえて
「おまえは行動力がある」とか、
「おまえは思い通り、自由に生きている」
と言うけれど、
わたしにはそういう生き方しかできないのだ。
常に自分の理想の世界を追いかけてしまう。
不満を抱えたまま1つのところに留まることなんてできない。
それなら、不平不満を言う時間がもったいないから、
リスクを冒してでも、できるだけ自分の理想に近づきたいじゃないか。
野心家とか、根性なしとか、罵られてもけっこうよ。
だって、これがわたしの生きる道。

はじめから、ちゃんと自分のしたいことをできるひともいますが、
わたしみたいに、ものすごく要領の悪いやつもいるのです。
世の中って、不公平。
でも、遠回りした分、わたしの世界はより広く、より深いはず。

そんなことを考えつつ家に帰ったら、
母がルービックキューブと格闘していた。
「なにやってんの?」
ときくと、
「ルービックキューブ。」
とつぶやいた。あ、ごめん、みりゃわかるよね。
わたしがごはんを食べ終わったころ、
母の手からそれが消えていたので、
「できたの?」
ときくと、
「いや、腹立つからやめた」
と言っていた。なんのためにやってたの?

こんなうちに育ったんだもの。
遠回りも仕方ないか。

両親との暮らしも、あと2日。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

3 Comments

さやっこ says...""
私も「思いついたら即行動!」が取り得(?)だったけど、年をとるごとに臆病になってきたと思う。
できるうちにやった方が良いよ!
2006.08.30 21:41 | URL | #- [edit]
ずず says..."なんだか"
生き生きしてて良いな~!
うさぎさんの文章読むと元気がでてきます。
どこへ行ってもうさぎさんらしさを貫き通して欲しいと思います。
応援してますね!
2006.08.30 21:54 | URL | #- [edit]
うさぎ says...""
さやっこさん、
わたしは、歳をとるごとに勢いづいてきているので、
逆に、おそろしいです。
昔は、もっとおとなしかったのになあ。
「思いついたら、即行動」っていうのもいいですね。
わたしの場合、思いついてから、行動に移すまで、
それなりの時間を要します。
その時間も、もったいないかもしれない。

ずずさん、
元気、出ました?
わたし的には、
「こんなぐうたらなこと書いて、
 世間にけんか売ってると思われたらどうしよう」
って、ちょっと反省気味だったんですけどね、
肯定的にとらえていただけたようで、よかったよかった。
どこへ行っても、わたしは、わたしでいると思います。
たぶん、おさえられないと思うのです。
おもしろいといえば、おもしろいのかもしれませんが、
大人なのに、これでいいのか、
と思うこともあります…。
わたしを応援しててください、
きっといつか、いいことがあるはずです。
2006.08.31 01:46 | URL | #1jxB54a6 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/376-1a844fb5