ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
7

由比ヶ浜とiwasakiさん。

今日もまたまた鎌倉のつづき。

報国寺の竹林にかなり癒されたわたしと恋人は、
今度は江ノ電に飛び乗り、由比ヶ浜へ向かう。

江ノ電は、ぎゅうぎゅうづめ。
あまりの満員ぶりに、おののきながら乗り込む。
江ノ電は、なんだか平和なかんじがしてとてもいい。
(満員だと、平和度激減ですけれど)
電車がちゃちぃのも、駅が無人だったりするのも、とてもいい。

由比ヶ浜の駅についたものの、そこはふつうの住宅街。
そういうのんきなところも、とてもいい。
とりあえず、海に向かって、てくてく歩くことに。
恋人は、海のそばにいるというだけで大喜びで、
わたしも鎌倉にいるというだけで大喜びで、
ふたりで
「いっなぁむらっがぁさーきは、きょおーもあめー」
というサザンの歌を何度も何度も歌った。ばかみたいに、ずっと。
ここは、由比ヶ浜なのに。
そして、ふたりとも、その歌の続きを思い出せない。

途中で小さな輸入雑貨屋さんを発見。
「Indigo」という名前のすてきなお店。
ベトナムなどから仕入てきた、すごくかわいい雑貨がたくさんー。
目の保養になった。

と思っていたら、海岸に到着。
この日は、あいにくの曇り空にもかかわらず、海辺には、たくさんの人々。
あまりのサーファーの多さに、ちょっとびびった。
あんなに黒々といっぱいいるものなのね、サーファーって。
北海道の日本海側には、こんなにいないわ、サーファー。
恋人は、今度サーフィンにも挑戦するらしいので、
目をきらきらさせながら、サーファーたちを眺めていた。
そして、久々の海に、大興奮していた。

海辺を歩いているうちに、案の定雨がぱらぱらと降ってきたので、
カフェへ避難することに。
海岸沿いにある「麻心」というカフェで
海を見ながらお茶をする。
恋人は、オーがニックコーヒーを、わたはチャイをオーダー。
歩き疲れてぐったりしていたが、ちょっと落ち着いた。

わたしはなんとか恋人を鎌倉に移住させようと、洗脳を開始した。
恋人が鎌倉に住めば、わたしも鎌倉に住めるではないか。
「ここはいいよー、山があってねー、海があってねー、
 しかも、都会から近いしさー、
 きみの故郷に似てるでしょー?でしょでしょ?」
恋人は、かなりぐらっときたようだったが、
「いや、やっぱ住むのは北海道がいい。鎌倉に、別荘を持とう」
と、大きすぎる夢を抱かせる結果となってしまった。洗脳、失敗。

さて。
今回のメインイベントは、なんと!
iwasakiさんとのご対面なのでありました。
かれこれ5年以上もネットでボニィ仲間をしていただいている、偉大なお方。
鎌倉に住んでいることは知っていたので、
気軽にミクシィメールを送ってみたら、OKをもらえたのだー。
お忙しいのに、すみません…。
土地勘に乏しいわたしたちのために、由比ヶ浜まで来てもらえることになり、
そんなすてきなiwasakiさんを待つあいだ、長谷方面に向かっておさんぽ。

恋人が、あまりに「おなかすいた」と連呼するため、
これからごはんを食べる約束をしているというのに、
ミヤダイのコロッケを食べることにする。
有名なコロッケやさんらしく、芸能人やテレビの取材が多いみたい。
前回鎌倉にひとりで来たとき、ここでコロッケを食べたのだけれど、
とってもおいしかったので、恋人にも食べさせてあげようと思って。
もちろん、恋人は、わたしの思うつぼ。
「うめー、うめーーー」と、ずーーーっと言っていた。
相当おいしかったらしい。よかったね。
ソースとかつけなくても、味がしっかりしてるの。
しかも、その場であげてくれるので、さっくさく。美味でした。

そして、いよいよiwasakiさんとのご対面。
想像していたよりも、ずっと大人な方でした。
(一体どんなひとを想像してたのかはひみつ。)
これまた海辺にあるBLUE POINTというお店に連れて行ってもらう。
わーい。

ここで、ワールドカップにちなんで、
世界各国のビールフェアみたいのをやってたんだけれど、
まだお店のひとたちも戸惑っているらしく、
恋人が選んだビールが、かたっぱしから、なかった。
あんまりはずれるので、非常におもしろかった。

わたしも恋人も、なかなかに自由な人生を送っていると思っていたけれど、
iwasakiさんは、わたしたちなどくらべものにならないくらい、
もっともっと、自由なひとだった。
「10年間”やりたい!”と、思い続けていれば、できるものなのですよ」
とおしえてもらって、はあー、そうかー、と、純粋に納得。
恋人は、とっても興味深くiwasakiさんの話をきいていたし、
わたしも、気持ち的に解放されたような気がした。
すきなことをして生きていくのも、可能なんですね。
もちろん、その分たいへんなこともたくさんあるけれど。

恋人にとって、究極の自由は、
「エラを手に入れて、イルカと泳ぎ続けること」
という結論に達し、
わたしとiwasakiさんは、
「10年思い続ければできるかもねー」
と彼を励ました。
恋人は
「よーし、がんばろっかなー」
と言っていた。
ほんとにエラができちゃったらどうしよう。

知ってはいたけれど、iwasakiさんは、とてもいい飲みっぷりだった。
恋人もそれについていったら、相当よっぱらったらしく、
だんだんへんなことを言い始めたのだが、
そんな恋人のことをiwasakiさんはおもしろがってくれ、一安心。

iwasakiさんと恋人が、世界のビールを11本も飲んだので、
グラスを3つもらえることになった。
わたしたちは、旅の途中なので、3つともiwasakiさんに選んでもらった。
そしたら彼は、おもむろにそのままかばんに入れたーーー。
元ガラス雑貨屋で働いていたわたしと恋人は、割れやしないか、
かなりひやひやしていたが、iwasakiさんは、超余裕。
どこまで自由なんですか…。

というわけで、ものすごく充実した鎌倉での1日。
たった1日の内容で、3日分の記事が書けた。スバラシイ。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

7 Comments

JJ says..."旅行"
鎌倉ってよく聞く地名の割に、今まで実際どこにあるのか知らなかったんですが、神奈川にあったんですね!どおりでサーファーもいるはずですね。

旅行には最近行ってないので、この夏はどこか遠出をしてみたいと思ってますw旅行って帰ってきたあとの、あの余韻がいいですよねー。
2006.06.16 21:56 | URL | #- [edit]
miki says..."すごいよ"
すごい。やっぱり、君の恋人は…。
かなりの大物だから、エラができるのも時間の問題だね。
いつも仲良しねー、とか微笑ましく読んでいたけど
今回はなぜかラブラブな感じがするんだけど…
気のせい?
楽しそうでなにより!
でも、私もラブラブしたくなっちゃたよー。
責任とってくれ。
2006.06.16 22:35 | URL | #- [edit]
タカシ says...""
感動の対面ですな。
行けなくてごめんなさい m(_ _)m
今度こそは…。

>想像していたよりも、ずっと大人な方でした。
に思わず笑ってしまった(笑)
2006.06.17 01:18 | URL | #FXbBe/Mw [edit]
うさぎ says...""
JJさん、
鎌倉、東京から割りと近いです。
1時間かからないでいけるんじゃないかしら??
わたしは東京よりも、断然鎌倉のほうがすきー。
大仏もいるし。
とってもおすすめです、鎌倉。

mikiちゃん、
え、なにが?エラが??
わたしたちは、ラブラブとか、
そんなきゃぴきゃぴしたかんじじゃないっすよ、
きみがいちばんよく知ってるくせに。
じゃー、8月にそっち方面に行ったら、
mikiちゃんを加えて3人でラブラブしてみるか。

タカシさん、
そんな、あやまらないでくださいな。
こないだはわたしもお誘い断ったんだし。
これで引き分けよー。

そう、なんかね、ブログとかで見てると、
もっとはじけたひとなのかと思ってたのー。
だって、飲むのすきだって言ってたしー。
でも、落ち着いていて、ちゃんとお話できるひとでした。
よかったよかった。
2006.06.17 22:15 | URL | #1jxB54a6 [edit]
seocchi says...""
トラックバックさせてください。(@゚ー゚@)ノ
2006.06.18 21:16 | URL | #- [edit]
iwasaki says...""
こんばんわ。
書き込み遅くなって、ごめんね。

凄い楽しい時間をありがと~。

あのあと、沢山、エラの生え方をネットで調べたけど、
なかなか難しいらしい(笑)。でもどーにかなるっしょ!きっと(笑)!

なになに?「大人』『落ち着いた」?
きゃ~!素敵な響き!
2006.06.19 00:07 | URL | #- [edit]
うさぎ says...""
seocchiさん、いらっしゃいませ。
どうぞ、トラックバックしてください。
承認設定にしてるので、わたしが承認したら表示されますので。

iwasakiさん、
こちらこそ、ありがとうござました。
エラの生え方、調べてくれたんですね!!
ありがとうございます。
恋人におしえてあげたら、きっとよろこびます♪
でも、
「ほんとに生えたら、おれ、人間じゃねーよー」
と言ってましたので、いささか複雑なようですわ。

ええ、iwasakiさんはおとなですよ。すてきですよ。
2006.06.19 08:43 | URL | #1jxB54a6 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/319-c02225df