ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
6

縁。

先日、美輪明宏が、ある番組に出演していて、
そこで、興味深い話をしていました。

「縁があるひととは、何があってもどんなにけんかしても必然的に結ばれる。
 逆に、縁がないひととは、どうしてもうまくいかなくなってしまうもの。
 そういうふうにできている。」

ざっくりと要約したので、ことばはちがいますけれど、
大体こんなかんじの主旨のことをおっしゃっていました。
本当にそうだなあ、とつくづく実感しました。

「縁」という文字には、いろいろな読み方があります。
えん。
ゆかり。
えにし。
昔の日本のひとたちは、この縁というものについて、
とてもたいせつにしていたんだろうなと思います。

確かに、縁というのは、とてもふしぎなものです。
目に見えない糸で結ばれていたり、
前世から何らかのつながりがあったり、
きっと、わたしたちには見えない力で
ひととひとは結ばれているんじゃないかしら、
と思わされるような出来事がたくさんあります。

たとえば。

いまの恋人とは、こうなることは絶対にないと思っていた。
本当に、お互いにまったく興味がなかったのだ。
どうしてこんなことになったのか、いまだにお互いによくわからない。
そういうことになってからも、
わたしが帯広に帰ってきたら、別れるものなのだと思っていたのに、
遠ざかってから1年が経っても、そういう気配がない。
もちろん、その間に山も谷もあるのだけれど、
いつもなぜか、ちゃんとトンネルがあったり、橋が渡してあったりして、
必ず道がつながっていた。ふしぎ。

そして。
恋人とは逆に、
お互いにすきなのに、
何度めぐり合っても、どうしてもうまくいかないひともいる。
そのひととは、数年間の間に3回もそういう期間があって、
確実に気持ちも通じ合っていたのだけれど、
別なひととつきあうことになってしまったり、仕事のことがあったりして、
どうしてもうまくいかなかった。
これも、とてもふしぎ。

それから。
いつも行く飲み屋さんとの出会いもふしぎ。
ここに通っていたから、わたしはいままで、
日本脱出の夢を見続けることができたんだろうと思う。
お店のひとも、
「いままでこういうひとに会ったことがない。
 お互いにちょうどバランスが取れているんだろうね」
と言ってくれていて、
彼女たちはわたしと話すことをとてもたのしいと言ってくれる。
ここに来ることで、わたしは自分の世界を広げられていると感じる。

あらためてこうやって整理すると、ほんとうにふしぎ。
みんなにも、必ずそういう経験や思い出、あるでしょ?

運命はあらかじめ決められているものだと思いたくはないけれど、
でも、ある程度、自分の道はだれかが導いてくれるもの、
もしくは、自分の潜在意識が呼び起こすものなのかもしれないなあと思う。
だから、もがいても、焦ってもしかたがなくって、
マイペースに流されるのもいいのかもなあ、
と、常にものすごく焦っている自分に言い聞かせてみる。

というわけで、ついにゴールデンウィークの到来ですね。
わたしのGWは仕事か恋人と遊ぶか仕事なので、
ブログをすこしだけおやすみします。
終わったら、みなさまのところに鬼のようにコメントしに行きます。いひひ。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

6 Comments

そとさやくん says...""
人生は自分で作った「ドリル」で、それを解くためにこの世に生まれてくるんだって。
あの世ではみんながいい人で、困難にぶつかったり壁に立ち向かうことができないからドリルを説く必要が無い。魂を磨くために「ドリル」を作り自分で解きに来るんだって。なんか納得、そう考えると面白い。

飯田文彦さんの「人生の価値」という本で知りました。
私とうさぎさんとの縁もなにか理由があるんだと思う。
2006.04.29 14:16 | URL | #- [edit]
Dormy says..."本当に不思議!"
「縁」ねぇ…。とっても考えさせられるテーマだぁ。
きっと、お互いに吸い寄せられているのが「縁」なんだろうな。
どっちがが「上手くいかない」事を悟ってしまうと、
自然と離れてしまうものなんじゃないのかなー。。。
あたしはなんか現実的な思考から考えてしまうー。
お互いにずっと適度な感覚で期待していて、
学ぶものがあって、好きでいたくって、気になって・・・。
それでずっと離れないもの。
あたしはそう思うよー。

そとさやさんの「ドリル」話も、納得できました。
ドリル、きっと結構難しいの作ってるんだなー。
なかなか解けないもんなー。

うさぎとの「縁」もきっとずっとこの先あるものだと
あたしは確信しているぜ。
入社した時から、出会って今まで。
本当に長い付き合いだもんね。
これからも宜しくね★★
2006.04.29 22:15 | URL | #- [edit]
sabo says...""
ほんとうね。出逢えたのも、縁。
そして、それを続けていけるのも、また縁あればこそなのでしょうね。
自分自身が、一生の間に出会える人は、たくさんいるのでしょうけれど。。。
男性でも女性でも、惹かれあったひとと、長い持間を共有することが出来るのは、とっても不思議で、そして幸せなことですね。
2006.05.01 17:45 | URL | #- [edit]
ずず says..."不思議な縁"
またまたおヒサです。
私はうさぎさんに対して不思議な縁を感じてますよ。
うさぎさんが重松清のエイジを読んでいた頃、私はビタミンF読んでたし。
SHIHOさんのCMみた時も同じ事を感じたし。
林真理子は特に好きというわけではないけど数冊読んでいて
「葡萄が目にしみる」はかなり好き。
そして今、丁度美輪さんの本を読んでいたところです。
うさぎさんがもうすぐ日本を離れると知って寂しい気持ちで
いますが、きっと「縁」があることを信じていますよ~。
2006.05.02 12:39 | URL | #- [edit]
riku says...""
なるほど~。皆さんのコメントにも、うなずいてしまいました・・・
「縁」ってありますよね。
星の数ほどあるblogの中で、住所も年齢も違う、何一つ接点のないうさぎさんと出会えたのも、これもまた「ご縁」ですね。
楽しく充実したGWを^0^
2006.05.02 21:51 | URL | #WIDQZP9I [edit]
うさぎ says..."お返事が遅くなってしまい、ごめんなさい。"
そとさやさん、人生がドリルだとするならば、
これは、本当に難しいですね。
自分でつくったのかもしれない、その問題を解きたくて、
わたしは壁にぶちあたってばかりです。
人生を終えるときまでに、ちゃんと100点取れるようになっているのかなあ。
今の時点では、一体何点くらいなんだろう、わたし。
飯田文彦さんね、覚えておきます。
そとさやさんとモコにも、いろんなことをおしえてもらいましたよ。

Dormyちゃん、こないだはどうも。
縁、とは、お互いに吸い寄せてしまうものなのかもね。
ドリルをとくために、必要な人材を、
知らないうちに呼び寄せているのかも。
改めて、考えると、本当に長いつきあいだね。
特にわたしのなかでは、あなたは印象深いひとです。
これからは、仕事のじゃましにいくわねー。

saboさん。
縁があるからこそ、からまりあって、続いていくものなのでしょうねー。
縁のあるひとと出会うことすらすごいのに、
そのひとと、ずっと長い時間を共有していくのは、もっとすごい。
やっぱり、ひとをいちばんしあわせにするのも、
自分以外の「ひと」なのだと思います。

ずずさん、こんばんわ。
ずずさんとは、本当に共通点がおおいみたいですねーー。
ビタミンFも、ものすごくすきです。
あれを読んで、「このひと、すげーー」って思ったのですから。
ずずさんとは、かなり趣味が合うのでしょう。
日本を離れるのは、まだまだ先のことです。
しかも、脱出しても、すぐに戻ってきます…。
本当は長く逃亡していたいんですけれど…。
そのへんの準備を始めたら、また細かくここで報告するでしょう。

rikuさん、
おかげさまで、たのしく充実したゴールデンウィークを過ごせました。
わたしとrikuさんに共通している部分はないのに、
すきなものは同じ、というのは、よく考えたらふしぎなものですね。
これからも、すきな本や、英語のことを話し合えたらと思います。
よろしくおねがいします。
2006.05.05 20:58 | URL | #1jxB54a6 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/283-b2e85b19