ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
2

林真理子 「幸福御礼」


icon
icon これはおもしろかったです。
 林真理子は、あまり読むことはないのですけれど、
 たまにめちゃくちゃツボにはまることがあります。
 「葡萄が目にしみる」という作品も
 わたしのつぼにはまりましたが、
 今回のは、それ以上でした。
 おもしろくて止められなくて、
 あっという間に読み終わってしまった。


これは、選挙についての物語なんです。
突然、夫が市長選挙に出る、と言い出したら、妻はどうするか。
ありえない設定、おかしな登場人物、
かなり現実離れしたストーリーだとは思うのですが、
なぜかひきこまれてしまいました。

ちょうどこれを読んでいたころ、
帯広市長選挙が行われていて、タイムリーだったのと、
わたしは選挙に対し、かなり冷めていることから、
余計にたのしめたのかもしれません。

わたしは選挙がきらい。
誰が政治をしても、結局は同じことだと思ってしまう。
それは投げやりな考え方というわけではなくって、
選挙に出て、当選したひとは、みんな立派だろう、と信じているということ。
確実にそのへんのおっさんよりは立派だろうし、
わたしよりも立派だろう。
だから、誰がやってもいいのだ。

それに、選挙にまつわるひとつひとつがきらい。
うるさい選挙カー、うるさい演説、
しつこい電話に、しつこい集まり。
どれをとっても美しくない。

でも、誰がどういう考えをもっていて、どんな主張をしているのか、
どういう状態になっているのか、ということはちゃんと知っておく。
それくらいは、市民として、国民としてしておくべきだと思うから。

林真理子も、選挙というものを冷ややかに見ているのだろう。
そうじゃないと、こんなにおもしろい話は書けない。
選挙にちょっとでも関わる方はよまないほうがいいかもしれません。

最初から最後まで、スピードを緩めることなくおもしろかったです。
おすすめです。ぜひ読んでみてくださいな。

関連記事

Category :
該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

JJ says..."おもしろそうですね!"
選挙権を持つ身でありながら、僕もうさぎさん同様、大して政治には関心がないです。
僕は小泉さんが好きですが、それは性格が真っ直ぐなだけでなく、顔がいいからというのも少しありまして・・・。

(決して男色家というわけではありません(笑)ヨーロッパでは普通に顔で政治家を選ぶ国もあるようですよー)

なので、こういう本はけっこうすーっと入ってくる気がしますね^^
2006.04.27 18:22 | URL | #- [edit]
うさぎ says..."たぶん"
JJさんは、これ気に入るとおもうんですよねー。
吉本ばななや江國香織ほどの文体のきれいさはないけれど。
でも、かなり読みやすいと思いますよ。

確かに、小泉さんは、今までの首相に比べるとかっこいいよね。
わたしはひとを惹きつけるうえで、
見た目もとてもだいじだと思うから、
JJさんの考え方や、ヨーロッパの人々の考え、
とてもよく理解できますよ。

もし読んだら、感想をきかせてくださいね。
2006.04.27 23:05 | URL | #1jxB54a6 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/281-47065bd3