ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
0

デンファレをマスでつかう。

久々にお花ネタを。

0309.jpg 相変わらず、
 色気のない写真でごめんなさい…。
 
 みょーん、って伸びているのは、
 バルビネラというお花。
 おもしろい形で気に入ってたのに、
 ほんの1日かそこらで
 ぐったりしてしまった。がっかりー。

今回のポイントは、強い色のデンファレを集めて使い、
さらに色を強調したところです。
こういうふうに、かたまりで使うことを「マスで使う」と言います。
これは、アレンジメントを習っていたときにもおしえてもらった言葉。
なんか、こういうの、通っぽくて、いい。

030902.jpgお花の生け方には、
季節感を持たせることも重要。
春はのびのびとした線を、
秋は葉をなびかせ、
冬は枯れた状態を表現します。
今は春なので、
バルビネラでのびのびとした線を描きました。
名前の響きがいいね、バルビネラ。
でも、長持ちしないね、バルビネラ。

今回は、床の間と生け花の関係についてもおしえてもらう。

床の間に向かって左側に柱があるのを「本勝手」、
右側にあるのを「逆勝手」といい、
お花の生け方も逆の向きになるのだそうです。
真、副、体という3つの枝のバランスで作品をつくるのですが、
このうちの真の向きが逆になるんですって。
床の間なんて、お家にないから、気にしたことがなかったけれど、
そういう知識を知っていると、
「これは逆勝手かー。」
などと自己満足できる。
皆様も、床の間を見たら、意識してみてくださいね。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/261-282563d6