Admin + RSS

ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。

No. - --.--.-- (--:--) [スポンサー広告]
Title : スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トラックバック(-) / コメント(-)



No.2376 - 2015.09.07 (23:16) [夫のこと。]
Title : ジャングルさんの「うつ」の疑い。
北海道に来てから、ジャングルさんは、みるみる元気がなくなった。
仕事が変わり、イチから仕事を覚えなくてはならず、
ジャングルさんのストレスは、どんどん蓄積していった。

病院には行っていませんが、
「うつ」
になりかけていたのだと思います。

このごろ、ようやく調子が戻ってきたようなので、
いろいろ試したことを記録しておきます。


最初は、食欲がなくなるところから始まり、
ものすごく疲れた顔をするようになりました。
ここまでは、想定内です。
ドラッグストアに行って、薬剤師さんに
「元気を出す薬をください!」
と言ったら、プラセンタの錠剤をすすめてくれました。

by カエレバ


てっきり、美容や婦人科系のトラブルに有効なものだと思ってましたが、
男性の滋養強壮にも効果があるようです。
これを飲むようになってから、若干カラダはラクになったようですが、
仕事はジャングルさんのキャパをオーバーしていきました。


次は、眠れなくなったようです。
休日の前の日などは眠れるようなのですが、
平日は、1、2時間しか眠れない、と言っていました。
夜中、トイレに行こうと起きると、変な時間にジャングルさんが漫画を読んでました。
プラセンタで栄養補給しても、眠れなかったら体力は消耗するので、意味ないじゃん。

眠る前に、腹筋、背筋、腕立て伏せ、スクワットをするよう命令しました。
そして、夜中に目が覚めたら、わたしとイチゴさんの布団に入って、
ぴったり3人で密着して眠るように言いました。
そうすると、安心して少し眠れたようです。

週末は、とにかくジャングルさんの実家に帰って、
イチゴさんをジャングルママにまかせて、
たくさん眠らせたり、2人で昼ごはんを食べに出かけたりしました。
いつもなら「早く起きてよー」と言いたいところでしたが、
さすがに起こせませんでした。


今度は、簡単な作業ができなかったり、
言ったことをすぐに忘れるようになりました。
これも「うつ」のひとつの症状らしいです。

家で手伝いをお願いした時にも、なんだかおかしなことをしているし、
簡単な書類を何度も間違えていたり、
明らかにおかしい状態でした。

そこで、A6サイズのノートを常に携帯してもらい、
仕事でわからなかったこと、できるようになったことなど、なんでもメモを取るように言いました、
家に帰ってきてから、いっしょに話をして、その内容を整理して、
1つずつ、できたことを確認していきました。

毎晩毎晩ジャングルさんの様子をチェックし、とことん話を聞いて、
まるでわたしはカウンセラーになったようでした。
厳しい状況の話をずっと聞いていたので、
わたしまで気が滅入りそうになりましたが、
ジャングルさんは、会社を辞める気はまったくなかったし、
あまりネガティブなことを言わなかったので、
なんとか話を聞くことができました。


他にも、ジャングルさんはしょっちゅうスマホで「うつ診断」ばかりやっていて、
どのサイトからも
「うつ病です。お医者さんへGO!」
みたいな結果がかえってくる…、と言っているので、
一応、心療内科を調べて、予約も取ってみました。

わたしは心療内科に行っても、薬を処方されるだけだしな…、
と思っていましたが、万が一、ほんとうにうつ病になってしまったら、
治るまでに相当な時間がかかります。
症状が軽いうちに、なんとかしたほうがいいと思い、
週末も診てもらえて、予約が取りやすく、通いやすい病院を調べました。

結果的に、会社の人たちの協力を得ることができて、
病院に行く必要はなくなったので、行きませんでしたが、
いつか行くことがあるかもしれないので、病院のサイトをブックマークしてあります。



ジャングルさんは、ものすごく楽天的で、ぽわっとしていて、
「うつ」とは無縁の性格だと思っていました。
でも、そんなのは関係なく、だれでもなりうるものなのだと思いました。

こんな状態が、つわりといっしょにやってきたので、我が家はけっこう大変でした。
本当につわりがひどかったときは、ジャングルさんが帰ってくるまで起きてあげられず、
まともに話も聞いてあげられなかったし、
ジャングルさんが倒れたとしても、わたしは仕事が出来る状態ではないので、
ものすごく不安でした。
もうちょっと、ジャングルさんが仕事に慣れてから妊娠したかった…、
と何度も思いました。
でも、ジャングルさんは、「おなかに子供がいたからがんばれた」と言ってました。
男とは、そういうものなのか。

そんな大変な思いを抱えながら会社に行っているジャングルさんの話をきいて、
ぐうたらしていたわたしも、だいぶシャッキリしました。
ちゃんとうまく時間を使って、家事を要領よくこなし、
イチゴさんの散歩も欠かさずに行って、いろいろがんばれるようになりました。

このつらかった時期を、いつか思い出して、
「あのころが大変だったから、今はこうなっててよかったね。」
と、ありがたく振り返ることができたらいいなと思っています。
関連記事


トラックバック(0) / コメント(0)



← イチゴさんの散歩。 / ABSOLUTE LIFE / クアトロテストを受けてきた。 →

Comment

Comment Post







 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

URL : http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/2376-75830991

Home

Photo by LEBELLION Template by lovehelm

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。