ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
2

若者とあそぶ。

若者を引き連れて、カラオケへ行ってきた。
やっぱり少し気を使った。
へんに威嚇したくないし、
かといって、つまらない思いはさせたくないしね、おねいさんとして。

本気カラオケで、3時間くらい歌っていた。
みんな音感がよく、リズム感がよく、きいててとてもよい気持ちで、
すてきな歌ばかりを歌うので、全然飽きることがなく、
あっというまに時間が過ぎていった。
今日は「韻シスト」というグループを知った。
すごくグルーヴィーな音楽だった。
今度音源をもらう約束をした。

ごはんを食べながら、仕事についてお話したのだけれど、
そのうちのひとりが、
「まわりのひとたちがすごくいいひとだから、
 このままずっと続けていきたい。」
ということを言っていて、
わたしは仕事において、
「このまま続けたいわー」と思える職場に出会ったことがないため、
非常にうらやましく思ったし、とてもすてきだと思った。
たしかにそのこは、とても、とてもよい子で、
どう考えてもみんなにすかれるタイプなので、
その子自身の魅力も手伝って、周りの環境が作られたんだろうと思う。
そういうふうに言える場所をみつけることが、わたしの夢だなあ、と思った。
そして、それに近づくには、もっと自分を変えなくては、とも思った。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

JJ says..."理想的な環境"
僕も、「このままずっと続けたい」と思える環境には、まだ出会えたことがないです。

まず、僕は自分の裁量で動かせる部分が大きくないとダメなタイプな気がします。「ここはこうすればもっとよくなるのにっ!」と、ついつい思ってしまうんですよね。

それで、自分の好きなことがやれて、なおかつ最高の仲間たちとであれば・・・

って欲張りですねぇ(^^;
2006.03.02 12:10 | URL | #- [edit]
うさぎ says..."すごいよね。"
やっぱりふつうはみんなそうだよね。
でも、いつか彼のような考え方ができたらいいなあ、
と思っています。

どんな職場でも、自分のしたいようにできますよ。
どんなに下っ端な仕事でも、
それをいかに完璧にこなすかを考えていれば、
自然に自分の裁量の度合いは大きくなってきます。
まあこんなこと言ってても、
わたしはコピー取りすら、完璧には程遠いんですけれど…。
2006.03.03 03:58 | URL | #1jxB54a6 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/232-ff659b0c