ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
0

藤野 英人 「投資家が「お金」よりも大切にしていること」

ジャングルさんの実家に行ったときには、いつも本屋さんで本を買って読みます。

今回は、特にほしい本もなかったので、
何を読もうかなー、と、ぷらぷら歩いていたら、この本を発見しました。


by カエレバ


表紙そのものは地味なのですが、派手な帯がついていて、
糸井重里氏とホリエモンの推薦文が書いてありました。
その2人のコメントが、この本を絶賛していたので、
興味がわいて、買ってみることにしたのですが。

これは本当にいい本です。
今までに読んだ本のなかでも、上位に入るおもしろさでした。
すごくわかりやすいし、他の本とはまったく違った視点で書かれています。
非常に新しいお金の本だなと思いました。

ざっくり言うと、お金の流れ、日本人の金銭感覚、そして、会社についてのお話です。
どういうふうにお金を使おう、とか、貯めよう、というよりも、
経済についてのお話がメインです。

経済と言ってしまうと、自分とはかけ離れた世界のことのような気がしてしまいますが、
無職のわたしでも、1歳半のイチゴさんでも、食べたり、必要なものを買ったりしています。
生きているだけで経済を動かしていることになり、価値があるわけです。

また、最近よく見かけるブラック企業についても、
それを生み出しているのは、わたしたち消費者であるという指摘があり、
それにも深く納得させられました。

いちばん印象的だったのは、「失われた10年」についての内容です。
実際の数値で説明されると、なんだ、そうだったのか、と目からうろこが落ちるような気分でした。
将来が不安でたまらなかったのは、
そういうネガティブ情報に惑わされていただけなのかもしれない、
と思うと、ちょっと気分が軽くなりました。

お金、仕事、人生について、包括的に考えさせられる本です。
ホリエモンが、帯に
「もっと話題になって売れていい本だ」
と書いていましたが、まったくその通りだと思います。
たくさんのひとに、特に若い世代の人たちに読んでほしい本です。
関連記事

Category :
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/2296-49780c08