Admin + RSS

ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。

No. - --.--.-- (--:--) [スポンサー広告]
Title : スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トラックバック(-) / コメント(-)



No.2227 - 2014.09.17 (22:00) []
Title : 「嫌われる勇気」を読んだ。
ジャングルさんの実家に滞在中は、いつも自己嫌悪に陥るので、
自己啓発の本を読みます。
その時に、流行っている本を、ふつうに本屋さんで買うことが多いんですが、
今回はこれにしました。


by カエレバ


アドラー、というひとの心理学を、
哲人と青年の会話形式でまとめたものです。

わたしとしては、かなり面白い本でした。
今までに読んできた本とは、全然違った考え方が満載でした。
実践できるかどうかは別として、すごく新鮮なことばかりが書いてあって、
ザクザクと、心に突き刺さることがたくさんありました。

アドラー心理学の特徴のひとつが、
「目的論」
という考え方です。
人は、すべて目的に沿って生きているということ。

たとえば、わたしはものすごーーくネガティブですが、
それは、対人関係において、傷つくことを過剰に恐れているためで、
他者から攻撃されて傷つかないようにする目的で、
ネガティブな考え方をしているようです。
「こういう性格だから、仕方がない」のではなく、
自分を守るという目的があって、あえてネガティブな性格になっているらしい。


この心理学は、他者を変えるのではなく、
自分を変えるための考え方です。
なので、何が与えられているか、ということよりも、
与えられたものを、どう使っていくか、ということにフォーカスしていきます。

すべての悩みは、人間関係の悩みであり、
自分を変える勇気、他者から嫌われる勇気を持って、
自由を求めていく、というのが、本のタイトルにつながっていきます。

これらの考え方を実践する方法は、最後に書いてあって、
非常にシンプルな答えです。
それを実践し続けるのは、本当に難しいのですが、
こういう考え方があるんだと知ることができただけでも、
少しだけ、世界が変わったような感覚になりました。

対話形式じゃなければ、もっと読みやすいのになあ、もったいない。
好き嫌いが別れる内容だとは思いますが、
いろんなひとに読んでほしい本。
わたしは、お値段以上の価値を感じたし、
毎日少しずつ、半身浴をしながら読んでいますが、
読むたびに、「ああ、そうか」という気づきがあります。
行き詰まりを感じていたら、読んでみてくださいね。



関連記事


トラックバック(0) / コメント(0)



← イチゴさんのくつろぎのポーズ。 / ABSOLUTE LIFE / 何が何でも、飲みたい。 →

Comment

Comment Post







 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

URL : http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/2227-19ce935a

Home

Photo by LEBELLION Template by lovehelm

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。