Admin + RSS

ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。

No. - --.--.-- (--:--) [スポンサー広告]
Title : スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トラックバック(-) / コメント(-)



No.2129 - 2014.12.15 (19:32) [育児のこと。]
Title : 赤ちゃんと飛行機に乗るとき
イチゴさんと2人で飛行機に乗るのも、かなり慣れてきました。
以前は子連れで飛行機なんて考えられませんでしたが、なんとかなるものです。

そこで、これから乗るかもしれない人たちのために、
わたしが気をつけていることをメモしておきます。


飛行機に乗るのは、小さいうちのほうがラクです。
たくさん眠ってくれるし、おっぱいをあげれば、機内で泣き叫ぶこともありません。
でも、大きくなってくると、眠る時間も減ってくるし、うるさくなってきます。

まず、いちばん重要なことは、こどもの睡眠のリズムをしっかりつかむことです。
移動中にぐっすり眠ってくれれば、こんなにラクなことはありません。
飛行機に乗ることがわかっているのなら、
規則正しい生活をして、リズムをしっかり作っておく必要があります。
「朝起きてから、何時間後に眠くなるか」を把握しておき、
昼寝をするような時間のフライトを予約することがベストです。

イチゴさんはいつも、朝起きてから大体4時間後に眠くなってくるので、
いつも、お昼のフライトを予約しておき、朝は、出発時刻の4時間前に起こしています。
それだけで、たいていいつも、機内はぐっすり眠ってくれています。

そのほか、お昼ごはんは機内で食べさせます。
もぐもぐしている間は、おとなしいからです。
まだ離乳食のうちは、おやつを持って行って食べさせていました。
赤ちゃん用のおせんべいは、6ヶ月から食べられます。
飛行機に乗る1週間くらい前から食べさせ始めて、
どんなおやつがすきなのか、どのくらい食べるのか、などなど
トレーニングと観察をしておきました。

万が一、寝てくれないときのために、
絵本とシールブック、そして、ノートとボールペンも持って行きます。
こどもは、シールをぺたぺた貼るのがすきだし、
落書きもだいすきなので、たいていよろこんでくれるはず。

それでも、やっぱり泣いてしまうこともあると思うので、
座席は通路側を予約して、すぐに後方のスペースに移動できるようにしておき、
隣の席の方には、必ず声をかけるようにしています。
あいさつすることで、お隣さんがどんなひとなのか、なんとなくわかるからです。
いいひとだったら、すこしリラックスして乗ることができます。
子連れで予約しているので、たいてい隣には女性が座っているので、
子連れのおかーさんとか、おばちゃんとかにあたることが多いです。
こちらが、最大限配慮することを伝えると、みんなやさしくしてくれます。


次は、空港や機内のサービスについて。

空港のなかで、ずっと抱っこしているのはつらいけど、
ベビーカーを持っていくのも大変だし…、ということがあると思います。
でも、大丈夫です、空港でベビーカーを借りられます。
搭乗手続きのカウンターなどで「ベビーカーを貸してください」と頼むと、
飛行機に乗る直前までずっと借りられますよ。
手荷物検査を通り、搭乗するときにもう一度ゲートを通りますが、
そのときに、ゲートの前で返却すればオーケーです。
AIR DOでも借りられたので、他の航空会社も借りられると思いますよ。
また、到着地でも使いたいと伝えると、到着後もきちんと用意しておいてくれます。
とても便利なので、荷物が多いときなどは、ぜひ利用してみてください。


そして、子連れだと、優先的に搭乗させてもらえます。
早めにゲート前で待機して、優先搭乗の案内が始まったら、早めに搭乗し、
荷物を置く場所を確保したり、使いそうなものを準備しておいたりして、
万全の体制を整えておきます。
まだ混雑していないので、乗務員の方々にもいろいろお願いしやすいです。

乗務員のみなさまは、子連れ母の対応にもすごく慣れているので、
荷物を持ってくれ、座席まで案内してくれたり、
荷物を上の棚に入れてくれたり、たくさん手伝ってくれます。
飲み物を頼むと、ちゃんとカップにふたをして、ストローをさして飲みやすくしてくれます。
不安なことは、乗務員になんでも相談してみると安心です。

トイレに行きたいときなどは、乗務員の方に頼めば、抱っこしてくれます。
JALに乗るときには、座席に座っているときに、たいてい
「お手洗いはよろしいですか?」
など声をかけてくれますよ。


そんなわけで、ちょっと電車に乗るよりも、飛行機のほうがらくちんだったりします。
初めて乗るときはドキドキすると思いますが、大丈夫ですよー。
そして、子連れの移動は、このくらい気を遣っていますので、
もし子供が泣いてしまった場面に遭遇したときは、怒らないでくださいね。
関連記事


トラックバック(0) / コメント(0)



← ホットカーペットを買う。 / ABSOLUTE LIFE / まねっこイチゴさん。 →

Comment

Comment Post







 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

URL : http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/2129-3bcf87f7

Home

Photo by LEBELLION Template by lovehelm

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。