ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
0

にわとり。

妊娠、出産は、いつもとはちがう状況になるので、
いろんな道具が必要になります。

でも、雑誌の通りにそろえていたら、
たいへんな金額になってしまうので、
わたしは「必要かも」と思ってから、色々そろえました。


妊娠中に、必須だと思いこんでいたのが、妊娠線予防クリーム。
以前、友達が妊娠したときに、いっしょに探しに行ったから、
「これは絶対に大事なんだな」
って、覚えてました。

それで、1本は使ったのですが、使いきらずに終わってしまいました。
なぜなら、妊娠によって体質が変わって、超乾燥肌になり、
妊娠線予防クリームでは、全然保湿力が足りなかったのです。

とにかくかゆくて仕方がなかったので、
結局、ボディショップのボディバターを全身に塗り、
なんとかかゆみをおさえることができ、
結果的に、妊娠線もできませんでした。

妊娠線を予防するには、専用のクリームかどうかでなく、
保湿力を重視するといいみたいです。



そして、出産後に必要だと思ったものは、
ベビーベッドと授乳クッション。
生まれたては、ひたすら授乳とおむつ替えをしまくるので、
それをラクにするためのグッズには、
お金をかけてもいいと思います。

ベビーベッドは、ネットでは不要との意見が多く、
わたしもいらないと思ってましたが、
退院してみたら、おかーさんがレンタルしてきていました。
そして、3ヶ月過ごしてみて、やっぱりあってよかったなと思いました。

イチゴさんをベビーベッドに寝かせると、なぜか泣いてしまうので、
ほとんど寝かせることはなかったのですが、
おむつ交換のときに、必ず使っていました。
これがあるだけで、赤ちゃんを抱き上げるときの負担が
とっても軽くなります。
小さな赤ちゃんでも、頻回に抱き上げると、かなり腰が痛くなるので、
腰痛がひどかったわたしにとっては、とても便利でした。


そして、一番買ってよかったーとおもったのが、
授乳クッション!

しばらくは、座布団を使ってたんですが、
どうにもしっくりこないと思って、
専用のクッションを買うことにしました。
これがあるだけで、授乳がものすごーーくラクになりました。

おなかに巻き付けるように置くことができるので、
赤ちゃんを授乳しやすい体勢にすることができます。
そして、両手があくので、授乳の間もリラックスできるのです。
今でももちろん使っています。
もうクッションなしでの授乳は考えられません。

授乳クッションは、安いものから高いものまで、いろいろありますが、
わたしが購入したのはこちらです。


いろんな口コミを見て、
マーナ」というメーカーのものがいいということがわかりました。
産院などで使われているらしく、へたりにくいのだそうです。
いろんデザインがあるなかで、このにわとりがいちばんかわいかったので、
これに決めました。

ちょっと高いなと思いましたが、実際に使ってみると、とってもいいです。
かなり大きいクッションなのですが、
大きいだけに、赤ちゃんをのせても安定します。
授乳のときのほか、寝るときにヒザの下に入れて、
腰痛対策としても使ってます。
それでも全然厚みがかわらないです。
カバーも外して洗えるので、たまに洗ってます。

そんなわけで、このにわとりは、常に傍らに置いてあります。
もう、にわとりナシの生活なんて、考えられない。
育児を乗り切るための、大事な相棒です。
関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/1983-2db22b9b