Admin + RSS

ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。

No. - --.--.-- (--:--) [スポンサー広告]
Title : スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トラックバック(-) / コメント(-)



No.1914 - 2013.05.23 (22:00) [PMSとPCOと妊娠・出産]
Title : 出産の記録 その3
よれよれの状態で分娩台に上がり、
ジャングルさんがすぐ横で立ち会った。

いきむ、ということが、どういうことなのか、
全然わかっていなかったのだけれど、
陣痛の一番痛いときに、思いっきりふんばって、
お尻をつきだす、とのこと。

とりあえず助産師さんの言う通りやってみるものの、
陣痛が弱くて、うまくいかない。
分娩台に上がっても、陣痛は5分間隔だった。

横になってみたり、
助産師さんに足をかけたりして、
大変なことになりながらいきむ。
足にかけてたタオルも全部とれちゃって、
ジャングルさんに丸見え。
苦しいし、恥ずかしいし、何がなんだかわからなくなる。

1時間経ってもお産は進まず、
わたしの体力は限界に達する。
ついに、陣痛促進剤を使うことに。
陣痛が強くなったら、すごくいきみやすくなった。
いきむとは、こういうことだったのか。
痛いけど、陣痛が弱かったときよりも、
断然ラクになった。


そこからは、怒涛のスピードでお産が進む。
ようやく頭が出たときには、とにかく必死。
早くでてきてくれーー、と祈るような気持ち。
どうしても力が入って内股になる足を
お医者さんとジャングルさんに片方ずつおさえられ、
ああ、もうどうにでもなれ…と思った頃、
15時半に赤ちゃんの泣き声が聞こえた。
やっと終わった……、と放心状態で、
うれしいというより、ほっとした。

赤ちゃんが胸元に運ばれて、
一番最初に思ったことは、
こんなのがおなかから出てきたのか!!
という衝撃。
体重は、2647グラムと小さいけど、
思ってたよりも大きく見えた。

両親が分娩室に入り、
気がつけば、ジャングルさんの両親も
はるばる小樽からかけつけてくれていた!
分娩室に入る時間がわかったころ、
ジャングルさんが連絡してくれていたらしい。
「最高の母の日のプレゼントだわ」
と声をかけてくれた。
ジャングルさんのおとーさんは、
休みが不規則な仕事をしているのだけれど、
12日は、たまたまお休みだったらしい。
こうして、東京からくるジャングルさんと、
小樽から来たジャングルさんの両親を待って、
最高のタイミングで生まれてきてくれたわけだ。

赤ちゃんは、生まれたてにもかかわらず、
ぱっちりした目を開けていた。
誰に似てるか、よくわからなかったけど、
みんなかわいいって言ってたから、よかった。

分娩台に横になったまま、初めての授乳をする。
たったいま、生まれたばっかりなのに、
赤ちゃんは、完璧に、ぱくっと吸い付いた。
本能で、飲み方を知ってるらしい。
一発目から、ものすごい食いつきでした。

落ち着いてから、ジャングルさんに
出産に立ち会ったことについてきいてみた。
文字にしてもエグいけど、
その一部始終を間近で見ていたジャングルさんは
大丈夫だったのか、心配だったから。
そしたら、立ち会って本当によかった、
と言っていたので、安心した。
血を見るのを怖がっていたジャングルさんは、
立ち会ったことで、父親スイッチが入ったようだ。


出産は、今までの経験がぶっ飛ぶような、
恥ずかしいことの繰り返しだった。
みんなが言うような、出産の感動を味わう余裕なんてなかった。
人間も動物なんだなって、割り切るしかなかった。
とにかく長かったけど、
わたしのような人間が母になるには、
これくらいのショックが必要だったってことだと思う。
ここまで苦しんだんだから、
赤ちゃん、ちゃんと育てないと、と思ったし、
その後のいろんなことも、
陣痛に比べたら、はるかにマシ!!
と思えるようになった。
前よりも、だいぶ強くなったかな。


関連記事


トラックバック(0) / コメント(5)



← おやつ。 / ABSOLUTE LIFE / 出産の記録 その2 →

Comment

Title : / Name : aoiさん

目がくりくりだねえ♪かわいい~

やー読んでるだけで力入ってしまったよ(T-T)みんな普通に産んでると思ってたけど違うよね~妊娠、出産で本1冊かけるくらいドラマがあるよね(笑)
0歳って寝てたのが座ったり何か持ったり立ったり食べたり1番変化の多い時期だと思うよー(*^^*)寝れる時はとにかく寝よう!

2013.05.23(23:23) / URL / #- / [Edit] /

Title : / Name : さやそとんさん

なんかわかんないけどこのシリーズ、すごい読みたくて続きを楽しみにしていたよ。
あらためて、人は生まれたときどれだけ祝福されてきたかがわかったよ。

本当にこの子かわいいねぇ。
勝手に親戚みたいな気になってます。

2013.05.24(00:26) / URL / #Uh60rX9Y / [Edit] /

Title : / Name : okawaraさん

母の日のプレゼントってとこで泣いてしまったよ。赤ちゃんは生まれるタイミングを知ってるって聞くけどまさに、ですね。大変なのにこうして淡々とブログ更新してるところが流石だなと思いました。

2013.05.24(11:18) / URL / #- / [Edit] /

Title : / Name : けこさん

感動した!いっぱい書いてくれてありがとうヽ(*´∀`)ノ
痛いと辛いを、よく乗り越えたよね!涙!
出産って本当に素晴らしい出来事だと実感したよ。
うさぎちゃんをはじめ、色んな人に詳細を教えてもらっている分、
自分もいつか…とか思うと、どんどんゾッとするけど(笑)
うさぎちゃんが、いいタイミングでこの感動を体験できた事に、本当に良かったと思っているよ。お疲れ様!

2013.05.24(14:41) / URL / #- / [Edit] /

Title : / Name : うさぎさん

あおいさん、
そうそう、みんな普通に生活してるけどさ、
母になったひとって、ものすごい経験してるんだよね。

たった2週間でも、太ったり、表情が豊かになったり、 起きている時間が長くなったりして、
いろんな変化を感じてます。
持ったり立ったりしたら、さらにたのしいんだろうねー。
たのしみです。


さやそとんさん、
ひとの出産話って、
ここまで詳細に聞くことはないですよね。
「何時間かかったー」とか「痛かったー」
で終わりだったと思うので、
あえて、細かく書いてみました。
人が生まれるって大変なことです。
これからも、見守ってもらえるとうれしいです。


okawaraさん、
ジャングルさんのおかーさんは、
こんなふうにわたしに労いの言葉をくれるような
偉大なひとですよ。
まさか、予定日ぴったりに生まれてくるとは思わなかったな。
目を疲れさせてはいけないとのことなので、
1週間くらいかけて書きましたよ。
1週間経っても、全然忘れられないわ…。


けーこちゃん、
こないだは中途半端になって、本当にごめんよ。
話を聞けば聞くほど、こわくなるよね。
わたしもそうだった。
でも、どんなもんだかわからないから不安になるだけ。 お産が始まれば、怖いとか言ってられなくなっちゃったわ。
わたしが産めたから、
けーこちゃんならもっといいお産ができるよ。

2013.05.25(14:19) / URL / #1jxB54a6 / [Edit] /

Comment Post







 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

URL : http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/1914-59390a37

Home

Photo by LEBELLION Template by lovehelm

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。