ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。
0

夏はおわった。

夏やすみは、ダイビングに行く予定だったんだけど、
じーちゃんが死んで、急遽北海道でお葬式に行くことになった。

じーちゃんは、5月にもだめかもしれないって言われてた。
ばーちゃんのときと違って、心の準備はできていたはずなのに、
ものすごい脱力感だった。
もう90を超えていたから、死ぬのは自然なことなのに、
それでも、何回も涙は出た。

今までは、そんなにしょっちゅう思い出してたわけじゃないのに、
亡くなったら、昔のじーちゃんをたくさん思い出した。

きっと、お盆だから、みんなに誘われていっちゃったんだね。

5月に会ったときよりも、いい顔をしてたから、
ちょっと変だけど、すこし安心したんだよ。
本当は、まだ生きてるんじゃないかって、
呼吸してるんじゃないかしら、と思ったりした。

でも、納棺のときに、むらさきさんといっしょに足袋を履かせたら、
じーちゃんの足はものすごく冷たくなってたから、
現実に戻った。
忘れられない冷たさだった。


お葬式は、何もしてないのに大変だった。
わたしは、おやつを食べまくったり、寝たり、
近所の温泉に行ったり、お線香あげたりして、全然働かなかった。
むらさきさんもちょけさんもジャングルさんもいたから、
遊ぶのに忙しかった。
全然役に立たなかった。


帰ってきてから、実家で、アルバムを見た。
若いころのじーちゃんとばーちゃんが、いっぱい写ってた。

小さいころ、こんなにいろんなひとたちにかわいがってもらったのに、
今のわたしは、なんてどうしようもないんだろうと思ったら、
このまま死ぬのはやだなー、と思った。

何か、生きたことの痕跡をのこしておかないと。

と、思ったから。
まずブログ再開します。



関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/1799-aadc3921