Admin + RSS

ABSOLUTE LIFE

すてきなものにかこまれ、すてきな音楽をきき、すてきなものをたくさん見ることが、心のビタミン補給です。

No. - --.--.-- (--:--) [スポンサー広告]
Title : スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トラックバック(-) / コメント(-)



No.1767 - 2012.06.18 (22:00) []
Title : 江國香織 「左岸」
辻仁成との共作、ふたたび。
冷静と情熱のあいだ」が、とてもよかったので、
ちょっと期待しながら、左岸だけを読みました。





なんていうか、
江國香織の文章のみずみずしいかんじが、あまり感じられなくって、
なかなか読み進められなかった。
人生と時の流れの重みを、どーん、と味わうような作品でした。

右岸を読めば、また、印象が変わるのでしょうが、
物語全体にわたって登場してくる九のキャラクターがよくわからない。
上巻はおもしろかったけれど、
下巻の九って、いったい、茉莉にとって何だったのか、
ただの不思議なキャラクターでしかなかったような気がする。
フランスでのエピソードも、ドラマに欠けるような気がしたな。

江國さんの物語の登場人物が、博多弁を使っていることも、
あまり気に入らなかったです。
方言に慣れていないわたしにとっては、
セリフのイメージがつかみにくかった。

辻仁成の文章がすきじゃないので、
左岸単体で読める作品を期待していましたが、
これは、どうやらそういうものではなさそうです。

江國さんの本は、何度も何度も読み返して、
その世界に浸るのがすきなのですが、
これは、今までのとは全然ちがう。
1度読めば、おなかいっぱいな物語でした。
関連記事


トラックバック(0) / コメント(0)



← 新宿にて。 / ABSOLUTE LIFE / ビジョンノート。 →

Comment

Comment Post







 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

URL : http://absolutelife25.blog36.fc2.com/tb.php/1767-91743d59

Home

Photo by LEBELLION Template by lovehelm

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。